社長名鑑

『Synergy!360』などCRMをクラウドで実現。導入実績4,300件以上

シナジーマーケティング株式会社

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

応援メッセージを送る

社長に“こんな提案”がしたい

社長のもとで働いてみたい

この社長への応援メッセージを下記フォームからお送りできます。
※お送り頂いたメッセージ内容により、社長から返信がある場合がございます。
※メッセージを送るには、会員登録が必要です。既に会員の方は、ログインの上、応援メッセージをお送りください。

お名前

メールアドレス

※携帯メールアドレスは、すべてのサービスがご利用いただけない場合がございます。

メールアドレス(確認用)

応援メッセージ

社長名鑑からのメールマガジンを受け取る

上記個人情報の取扱いに同意する

この社長に、商品・サービスの提案がしたい、提携をしたい、協業したい、投資をお願いしたいなどのご希望がございましたら、下記フォームから提案を受け付けます。
※お送り頂いた提案内容により、社長から返信がある場合がございます。
※複数社に渡って同じ内容の提案をするなど、弊事務局が不適切と判断した提案は拝受しかねる場合がございますので悪しからずご了承ください。
※商品・サービスに関する提案以外の企業様への直接的なご意見(クレーム等)は、誠に恐れ入りますが、企業様の問い合わせ窓口へ直接ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
※提案を送るには、会員登録が必要です。既に会員の方は、ログインの上、提案をお送りください。

氏名

お住まいの地域

誕生年(半角数字)

西暦

会社名

役職

職種

メールアドレス

※携帯メールアドレスは、すべてのサービスがご利用いただけない場合がございます。

メールアドレス(再入力)

提案・提言

社長名鑑からのメールマガジンを受け取る

上記個人情報の取扱いに同意する

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

転機へ移動する

プロフィール

企業情報

■氏名
谷井等
■フリガナ
タニイヒトシ
■生年月日
1972/06/02
■役職
代表取締役社長兼CEO

■企業名
シナジーマーケティング株式会社
■企業コード
3859
■設立年(創業年)
2005年
■ホームページ
http://www.synergy-marketing.co.jp/
■所在地
大阪府大阪市北区堂島1-6-20堂島アバンザ21F
■業種
情報・通信業
■企業概要
CRM関連製品ならびにサービスの企画・ソフト開発・提供、CRM戦略構築支援ならびに各種CRM業務の代行、広告、宣伝に関する企画、制作および広告代理店業
■従業員数
271人
■最終更新日
2016/07/14

歴史(シナジーマーケティングが出来るまで)

谷井

今から10年前の秋に始めて会社を創りました。

今では一般にとく使われるものになりましたけれど、メーリングリストは当時まだまだ知られていなかったんですね。これを世の中に無料で広めようと考えてスタートさせました。

幸いそのサービスが、半年で3倍ぐらいのペースでユーザー数が増えていったのです。99年の秋ごろには日本一のサービスになりまして、大体当時で20万人くらいの会員数かと思いますが、ちょうどそのタイミングにインターネットのブームが来まして、そこにベンチャーキャピタルが投資の話を持って来たりもして、そうしている間に、当社の競合がアメリカにあったのですが、アメリカの当社の競合がyahooに買収されまして、日本にもyahooはありますし、これは競合環境としても今までとかなり違う環境になると思いまして、ちょうどタイミングもあったので、いったん会社を売却するという判断に取りました。

会社をいったん売却すると同時に、また新しい会社を創るということで、楽天さんといろいろと手を組みながら、今のCRM関連の事業を立ち上げたという感じです。もうそこまでが僕の創業からの3年ぐらいで、かなり激動の3年ですね。

谷井

我々の会社というのは、企業様の顧客情報をお預かりする仕組みを提供していますので、お客様からするとすごくナーバスな分野なのです。稟議書があがっていって上のほうの方になってくると、「どこやこのシナジーマーケティングは」と「お前顧客情報預ける先やねんから、もうちょっと信頼できるとこにせい」と、それを言われてしまうと当社はどうしようもなかったのです。

そういうところをクリアしていくために、例えばプライバシーマークを取ったり、いろいろなそういう信用力を補完すような策をとってきたわけですけれど、やはり最終的に、上場企業であるということの信用力を獲得しにいこうと、だから当社にとっては、例えば資金を得る事が大きな目的ではなくて、いちばん大きな目的は「信用力の補完」というところですね。