社長名鑑

音声を文字変換する独自技術を核に、各種業務用ソフトを開発

株式会社アドバンスト・メディア

2013年5月 取材

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

応援メッセージを送る

社長に“こんな提案”がしたい

この社長への応援メッセージを下記フォームからお送りできます。
※お送り頂いたメッセージ内容により、社長から返信がある場合がございます。
※メッセージを送るには、会員登録が必要です。既に会員の方は、ログインの上、応援メッセージをお送りください。

お名前

メールアドレス

※携帯メールアドレスは、すべてのサービスがご利用いただけない場合がございます。

メールアドレス(確認用)

応援メッセージ

社長名鑑からのメールマガジンを受け取る

上記個人情報の取扱いに同意する

この社長に、商品・サービスの提案がしたい、提携をしたい、協業したい、投資をお願いしたいなどのご希望がございましたら、下記フォームから提案を受け付けます。
※お送り頂いた提案内容により、社長から返信がある場合がございます。
※複数社に渡って同じ内容の提案をするなど、弊事務局が不適切と判断した提案は拝受しかねる場合がございますので悪しからずご了承ください。
※商品・サービスに関する提案以外の企業様への直接的なご意見(クレーム等)は、誠に恐れ入りますが、企業様の問い合わせ窓口へ直接ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
※提案を送るには、会員登録が必要です。既に会員の方は、ログインの上、提案をお送りください。

氏名

お住まいの地域

誕生年(半角数字)

西暦

会社名

役職

職種

メールアドレス

※携帯メールアドレスは、すべてのサービスがご利用いただけない場合がございます。

メールアドレス(再入力)

提案・提言

社長名鑑からのメールマガジンを受け取る

上記個人情報の取扱いに同意する

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

転機へ移動する

プロフィール

企業情報

■氏名
鈴木清幸
■フリガナ
スズキキヨユキ
■生年月日
1952/01/13
■出身地
愛知県
■役職
代表取締役会長
■座右の銘・好きな言葉
報恩
■趣味
テニス

■企業名
株式会社アドバンスト・メディア
■企業コード
3773
■設立年(創業年)
1997年
■ホームページ
http://www.advanced-media.co.jp/
■所在地
東京都豊島区東池袋3-1-4サンシャインシティ文化会館
■業種
情報・通信業
■企業概要
音声を文字変換する独自技術核にした各種業務用ソフト開発が柱。
■従業員数
155人
■最終更新日
2016/08/18

歴史

鈴木

大学で研究者で終わろうと思っていたわけです。研究の中身が理論的なものですから、やっぱりそれを証明するにはデータが必要です。データが必要なので、企業の東洋エンジニアリングという研究所に移ったわけです。そうこうしているうちに大学時代に知り合った広中平祐という数学でフィールズ賞を取って京都大学に凱旋された著名な数学者がいまして、広中平祐との関連もあって、ちょうどその東洋エンジニアリングの研究所で7年くらいやったところで、人工知能の会社を作るのでという事で、ヘッドハンティングにかかりまして、それでそこから出る訳です。

ですから、東洋エンジニアリングに入った時が私の起業家に向かってのホップだったわけです。最初は平社員で入るのですけれども、1年もしたら一応CTOになるのですね。で、その時にアメリカに行きました。カーネギーメロン大学に送られて、人工知能のいろいろな言語の教育課程があったのですけど、3ヶ月で全体をだいたいマスターして、1ヵ月でシステを作り、そこで卒業します。4ヶ月で。

それでアメリカにとどまることなく、また日本に送り返されまして、日本でビジネスを始めたのです。それがステップの段階にあたる人工知能の会社です。そこでいろいろな人脈をつくり、関係ができて、ジャンプにあたる現在の起業ですね。ですから、起業家としての重要な条件をホップ・ステップの段階で手に入れることができて、そしてジャンプしました。

そのジャンプは実は、カーネギーメロン大学に集まってきたいわゆる音声認識の天才たちに巡りあうことができたこと、人工知能のビジネスを12年ほど、創業したら広中平祐の弟子を助けながら12年間ビジネスかしてきたのです。そこでも夢を持って動いたのですが、たまたまカーネギーメロン大学に集まった天才の彼らと居酒屋で飲んで、それで音声認識の市場化ができそうだと。今までの音声認識は機械が中心だったのですが、1時間も2時間もしゃべらせて機械に教えないと、実は精度が出てこないのです。人が自然にしゃべると機械の方が寄ってくる、ひょっとして、それができるのではないかと、つまり逆転させるのです。

音声認識をプロトコルに合わせる必要ないでしょ?これなんです。ここで合意をして、一緒にやろうと、それを恵比寿の居酒屋で話しまして、それから始まった訳です。