社長名鑑

創業1923年。老舗のオーダースーツ事業者

株式会社佐田

2014年1月 取材

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

応援メッセージを送る

社長に“こんな提案”がしたい

社長のもとで働いてみたい

この社長への応援メッセージを下記フォームからお送りできます。
※お送り頂いたメッセージ内容により、社長から返信がある場合がございます。
※応援メッセージ以外の企業様への直接的なご意見(クレーム等)は、誠に恐れ入りますが、企業様の問い合わせ窓口へ直接ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
※メッセージを送るには、会員登録が必要です。既に会員の方は、ログインの上、応援メッセージをお送りください。

お名前

メールアドレス

※携帯メールアドレスは、すべてのサービスがご利用いただけない場合がございます。

メールアドレス(確認用)

応援メッセージ

社長名鑑からのメールマガジンを受け取る

上記個人情報の取扱いに同意する

この社長に、商品・サービスの提案がしたい、提携をしたい、協業したい、投資をお願いしたいなどのご希望がございましたら、下記フォームから提案を受け付けます。
※お送り頂いた提案内容により、社長から返信がある場合がございます。
※複数社に渡って同じ内容の提案をするなど、弊事務局が不適切と判断した提案は拝受しかねる場合がございますので悪しからずご了承ください。
※商品・サービスに関する提案以外の企業様への直接的なご意見(クレーム等)は、誠に恐れ入りますが、企業様の問い合わせ窓口へ直接ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
※提案を送るには、会員登録が必要です。既に会員の方は、ログインの上、提案をお送りください。

氏名

お住まいの地域

誕生年(半角数字)

西暦

会社名

役職

職種

メールアドレス

※携帯メールアドレスは、すべてのサービスがご利用いただけない場合がございます。

メールアドレス(再入力)

提案・提言

社長名鑑からのメールマガジンを受け取る

上記個人情報の取扱いに同意する

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

転機へ移動する
自動裁断システムで、大量生産を実現。年間12万着を生産
1923年創業。第二次世界大戦を経て、2代目の佐田茂司氏が、1961年に、今日の事業の柱であるオーダースーツ事業に進出。現社長のもと、自動裁断システムや、専門工場とのインターネットを通じた連携により、短納期かつ大量生産が可能なシステムの構築に成功した。それにより、自社ショールームでの採寸、販売に加え、他社店舗のオーダースーツメーカーとしての事業展開が可能になり、現在では、年間12万着を生産する。2016年7月期には、売上高27億円に達し、5期連続の増収を達成した。
独自のワンストップサービスでオーダースーツが「19,800円」
大量生産と、生地の仕入れから縫製まで一貫して自社で行うワンストップサービスによる徹底したコスト削減により、最安19,800円でのオーダースーツの提供を可能にしている。店舗数も順調に増加中で、2018~19年までに国内50ヶ所を目指す。

プロフィール

企業情報

■氏名
佐田 展隆
■生年月日
1974/09/23
■出身地
東京都
■役職
代表取締役社長
■座右の銘・好きな言葉
おもしろき こともなき世を おもしろく
■趣味
登山、山スキー、磯釣り
■尊敬する歴史上の人物
高杉晋作

■企業名
株式会社佐田
■設立年(創業年)
1961年
■ホームページ
http://www.sandars.co.jp/
■所在地
東京都千代田区岩本町2-12-5 5F
■業種
繊維製品
■企業概要
仙台・北京でオーダースーツを12万着/年生産。お試し19,800円(税別)からオーダースーツをお仕立てする、工場直販店を全国に24店舗展開。
■従業員数
220人
■最終更新日
2016/08/23

創業秘話

佐田

この会社の起業というか、佐田家として商売を始めたのは、私の曾祖父がこの神田の地で服飾雑貨卸、当時で言うと、和も洋も含めて、糸偏の商材はほぼあらゆるものを扱っていたそうですが、その卸業を当時の名家の商家の方からのれん分けをしてもらって、服飾雑貨卸を始めたのが、佐田の家が、糸偏の商売にマーケットを作ったスタートです。それから戦争の中断を経て、商売なんかをやっているような状態ではなくなってしまってましたから。家としても疎開していたようですし。戦後、満州で戦っていた祖父が生きて帰ってきて、当時、なけなしの金で仕入れられるものとして、これから伸びていくのは、これからは洋服といえばスーツだと。スーツの表生地を売っていく商売をやっていこうといおうことに決めて、この表生地は当時「羅紗」と言ったのですが、佐田羅紗店として、再スタートを切りました。