ヤフーで経験を培ってきた経理のスペシャリストが語る「社長の右腕」になるための条件とは ~株式会社キッズライン 宮ヶ丁 隆行~

出産後も働き続けたいと願う女性にとって大きな問題の1つである、子どもの預け先の確保。そうした問題を解消すべく、かつて女性をターゲットにしたマーケティング事業などを行う会社を立ち上げ、2012年には当時最年少女性社長として自社を東証マザーズに上場させた実績を持つ経沢香保子氏によって設立されたのが、ベビーシッターのオンラインサービスを運営する株式会社キッズライン(旧:株式会社カラーズ)だ。

そんな同社のミッションである「テクノロジーの力で、一人一人の女性が輝く社会を実現する」の実現に向け、「社長の右腕」としてバックオフィスを一手に任されているのは、管理部門の宮ヶ丁隆行氏だ。経理のスペシャリストとして、サンゲツやヤフーでスキルを磨いてきた宮ヶ丁氏が考える、社長の右腕としての心構えに迫る。

学生時代の後れを取り戻すために

―神戸大学の法学部ご出身とのことでしたが、就職活動の際にはどのような職種を希望されたのでしょうか?

宮ヶ丁 隆行:
大学時代は淡々と勉強をしたり、アルバイトをしたりしていただけで、どちらかといえば漫然と過ごした学生生活だったと思います。法学部の友人たちは、ロースクールへ行ったり、マスコミ関係の企業を受けたりしていたのですが、私は建築を学んでいた友人の影響で、インテリアに興味を持っていたので、就職活動の際もそういった領域の企業に絞って応募していました。

大学卒業後は、株式会社サンゲツに入社し、営業に配属されました。一般のお客様と接するというよりは、代理店や内装業者の方への営業が主だったのですが、うまく仕事が進められず悩んでいました。2年ほど経った頃、経理部門へ異動することになったんです。そこから仕事に対するモチベーションに火が付きました。


―やる気を出すことになったきっかけは何だったのでしょうか?

宮ヶ丁 隆行:
「このままではだめだ」という現状に対する思いです。大学時代から特に何も深く興味を持ってこなかったので、ここから何としても巻き返したいと思いました。経理に関する知識を持ち合わせていたわけではないので、それなら自ら学ぶしかないと腹を括り、週末は学校に通い勉強しました。

止まることのない成長意欲

―その後、ヤフー株式会社に転職をされますが、転職を考えられた理由をお伺いできますか?

宮ヶ丁 隆行:
前職で感じたことは、経理業務としては毎年の仕事内容にそれほど大きな変化がないということでした。当時もまだ「巻き返したい」という強い思いを持ち続けていたので、自分のスキルを高めてキャリアアップを実現するには、スピード感があって変化の激しい環境に身を置かなければならないと考え、ヤフーへの転職を決めました。


―ヤフーでの仕事内容はどういったものでしたか?

宮ヶ丁 隆行:
規模の大きい会社でしたし、グループ会社の数も多く、M&Aも頻繁にありましたので、今までのスキルを生かしつつ、新しいことも吸収することができました。私は連結決算を担当していましたが、グループ会社の中には独自の経理部門を有していないところもあるので、そういった会社の経理業務を受託したり、買収する企業の財務デューデリジェンスのために、実際に相手先の企業に出向いたりすることもありました。


―ヤフーではどのようなキャリアを歩まれたのでしょうか?

宮ヶ丁 隆行:
ヤフーにいた約9年半の期間のうちに、おおよそ経理に関する業務の一通りのスキルを得ることができたと思います。入社当初は4年半ほど同じ担当を続けていたのですが、1つの業務に何年も従事することになると、経理に関する様々な仕事に全て関わるまでには時間がかかりすぎてしまいます。そこでもっと全体を見る経験をしたいと思い、規模がそこまで大きくないグループ会社への出向を希望しました。出向して2年半後には再び本社に戻りましたが、本社に戻ってきて思ったのは「経理全般を見ていたグループ会社にいた時の方が、やりがいがあった」ということでした。そこで、今よりも全体を見ることができる会社への転職を考えるようになりました。

経理の醍醐味とは

―経理の業務に携わる際に感じるやりがいとはどのようなものでしょうか?

宮ヶ丁 隆行:
サンゲツからヤフーに転職し、連結決算を担当していたくらいの時期までは、スキルが身に付くことの実感に、喜びを感じていました。ただ、グループ会社に出向して経理全般を把握するようになると、「この企業の数字を一番理解しているのは自分である」という経営者に近い責任感を感じることができるようになったのです。そういう意味では、経営を肌感覚で味わうことができていました。また、社長が正しい経営判断を下すことができるよう、業績に関する様々な数字を提示し、戦略面でのフォローができるということも経理の醍醐味の1つだと思います。

キッズライン入社の決め手は「1からつくれること」

―御社への入社を決めたきっかけについてお聞かせください。

宮ヶ丁 隆行:
当時まだキッズラインには管理部門自体ありませんでした。税理士さんや社労士さん、弁護士さんに外注し、バックオフィスの部分を補っていました。ですので、「ここなら管理部門を1からつくり上げることができる」ということがまず魅力的でした。もう1つは、やはりサービスです。様々な事情から子どもを預けたい人と、保育スキルを使って理想の働き方をしたいと考える人の、両方の課題を解決することができる。これは今後ますます普及していく仕組みだと感じました。

戸惑った社長からの意外な質問

―社長にお会いした時の第一印象はいかがでしたか?

宮ヶ丁 隆行:
とても明るくて話しやすい方だと思いました。面接では「答えるのに必要な情報があれば教えます。あなたは入社して、この会社をどうしてくれますか?」と聞かれました。そこまで突っ込んだ質問がくるとは思っていなかったので、戸惑いましたね。これから成長していく上で、現在の状況から今後必要になるヒト、モノ、カネのイメージや、業績の未来像を提示し、社長の意思決定に資することができると答えたと記憶しています。


―まさに「社長の右腕になります」と宣言したのと同義ですね。

宮ヶ丁 隆行:
そうですね。今まで蓄積してきた経理のスキルを生かしてこれからもやっていきたいと思っていたので、自分が提供できる価値はそこしかないと考えていました。サービスや理念に共感しているというような一般的な話ではなく、具体的に何を提供できるのかという話が聞きたかったのだろうと思います。

「社長の右腕」として会社の未来を提示する

―「社長の右腕」と言われることについて、どうお考えでしょうか?

宮ヶ丁 隆行:
まだ「右腕」になっていないです。

社長はいろいろなアイデアを持っています。今は、それをどんどん社内に共有して会社をより成長させようと、社長自身が腕を思い切り回しているような状態ですので、そこを私が財務面で担うようになるべきだと考えています。ですが、それを実現するためには課題もあります。それは、過去や現在の業績について提示するだけでなく、そこから会社の未来を導くという点です。今後どういう取捨選択をして会社を成長させていくのかを判断し、将来を示すことをしないと事業は滞ってしまいます。そのために、社長の考えやビジョンを理解し、自分の目線を同じ水準に引き上げたうえで、それを数字に落とし込んでいかなければならないと思っています。

管理部門の“走攻守”とは

―現在、経理だけではなく管理部門全般の業務を担っていらっしゃいますが、会社のバックオフィスとして重要なこととは何だとお考えですか?

宮ヶ丁 隆行:
野球でいえば“走攻守”の三拍子揃うことが大切だと思っています。“走”はオペレーションです。そこがスピード感をもってできていないと、社内の業務が滞ってしまします。また、業務効率化や最大効果を出すコストの使い方支援など、管理部門でありながら業績を上げることを意識した“攻”めのバックオフィスであることが重要です。“守”は、例えば、後々のリスクを意識できている契約書作りや、会社運営が適切にできるような規定管理や法令対応などです。私自身、今後会社が成長していく過程においても、走攻守のバランスをうまくとって、会社全体の利益を追求していきたいと考えています。

ベビーシッター利用の文化を日本に根付かせる

―改めてですが、御社のサービス内容についてお話をお聞かせください。

宮ヶ丁 隆行:
弊社では、利用者である保護者の方と、ベビーシッターとして働きたい方をマッチングさせるオンラインサービスを運営しています。それによって待機児童など、育児支援不足に由来する問題の解消を目指しています。「預け先がないから」と、キャリアを断念する必要がなくなれば、女性管理職の増加や、少子化対策にも繋がると考えられます。また、働き手であるベビーシッターさんたちも、自分の好きな時間や時給で働くことができ、ご自身のスキルをフルに生かして子どもたちや保護者の方の期待に応えることができます。そうした、預ける保護者の方、そして働くベビーシッターの方、双方からの需要があると考えています。


―今後、更に利用者数を伸ばすためにはどうしたら良いとお考えでしょうか?

宮ヶ丁 隆行:
日本にはまだベビーシッターを利用する文化が十分に根付いていません。ですので、まずは認知度を上げ、働く時の預け先としてだけではなく、「夫婦で出かけるから預けたい」といった時にも気軽に利用していただくなど、様々な利用シーンを広めていきたいと考えています。また、お世話だけではなく、英語や運動を教えたりするような習い事とセットになったベビーシッターサービスも、普及できるといいなと考えています。ベビーシッターを利用する文化を根付かせることと、利用者の増加を同時に行っていくことで、更なる成長を促進していきたいと思っています。

編集後記

女性が長く働きキャリアを継続するためにも、待機児童問題は深刻だ。子どもを安心して、そして抵抗感なく預けることのできる社会が実現されれば、女性たちにとってだけではなく、日本全体にとっても大きなメリットになるに違いない。キッズラインのサービスが、今後、その風潮を後押しするきっかけになるのではないかと感じた。

宮ヶ丁 隆行(みやがちょう・たかゆき)/1979年生まれ。
富山県立富山高校卒業後、神戸大学法学部に入学。2002年4月、新卒で株式会社サンゲツに入社。営業を経て経理に配属となる。2007年12月、ヤフー株式会社に転職。連結・個別決算、予実管理等を担当した。2017年6月、株式会社キッズラインに入社。管理部門業務全般を担っている。

※本ページ内の情報は2018年3月時点のものです。

>>他の企業の「社長の右腕」の記事を見る

この企業の経営者インタビュー動画

ベビーシッター1時間1000円。元上場企業社長が挑む育児革命

株式会社キッズライン(旧株式会社カラーズ) 代表取締役社長 経沢 香保子