【特別企画】 社長対談 Vol.1 老舗企業の伝統と挑戦 ~八海醸造/八海山×龍角散~

part.1 八海醸造/八海山×龍角散 出会い

社長対談 第1回のゲストは、清酒『八海山』を展開し、日本酒業界にイノベーションを起こす八海醸造株式会社/株式会社八海山の南雲二郎氏と、日本の喉を守り続けて260年、世界も注目する医薬品メーカー、株式会社龍角散の藤井隆太氏。
兼ねてから親交のあるお二人が語る、老舗企業の伝統と挑戦。その秘めたる想いに迫ります。

続きの動画はこちらからご覧いただけます。

八海醸造株式会社/ 株式会社八海山 代表取締役社長 南雲 二郎

1922年創業。清酒『八海山』を展開し、地酒ブームの火付け役として注目を浴びる。清酒以外にも麹やあまさけ等の発酵食品やハンドクリーム等のスキンケア商品の開発・販売も手がける。
現社長の南雲氏は1984年に八海醸造へ入社。97年に3代目社長に就任。日本酒を世界飲料にするべく、海外展開も精力的に行う。

▶︎ 南雲二郎社長の単独インタビュー動画はこちらから

株式会社龍角散 代表取締役社長 藤井 隆太

1872年創業。「龍角散ののどすっきり飴」、服薬補助ゼリー「らくらく服薬ゼリー」等、のど領域に特化した医薬品を展開。現社長の藤井氏は1995年に8代目社長に就任。
当時の龍角散の売上とほぼ同額の負債を負った経営状況を目の当たりにし、倒産を覚悟するも、「過去の成功体験からの脱却」をテーマに方針転換を実施。
結果、わずか10年で40億の借金を完済し、社長就任当時の売上から2倍以上の規模に成長。奇跡の復活を遂げた。

▶︎ 藤井隆太社長の単独インタビュー動画はこちらから