社長名鑑

日本最大級の靴のショッピングサイト『LOCONDO.jp』を運営

株式会社ロコンド

2015年8月 取材

このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content.

応援メッセージを送る

社長に“こんな提案”がしたい

社長のもとで働いてみたい

この社長への応援メッセージを下記フォームからお送りできます。
※お送り頂いたメッセージ内容により、社長から返信がある場合がございます。
※応援メッセージ以外の企業様への直接的なご意見(クレーム等)は、誠に恐れ入りますが、企業様の問い合わせ窓口へ直接ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
※メッセージを送るには、会員登録が必要です。既に会員の方は、ログインの上、応援メッセージをお送りください。

お名前

メールアドレス

※携帯メールアドレスは、すべてのサービスがご利用いただけない場合がございます。

メールアドレス(確認用)

応援メッセージ

社長名鑑からのメールマガジンを受け取る

上記個人情報の取扱いに同意する

この社長に、商品・サービスの提案がしたい、提携をしたい、協業したい、投資をお願いしたいなどのご希望がございましたら、下記フォームから提案を受け付けます。
※お送り頂いた提案内容により、社長から返信がある場合がございます。
※複数社に渡って同じ内容の提案をするなど、弊事務局が不適切と判断した提案は拝受しかねる場合がございますので悪しからずご了承ください。
※商品・サービスに関する提案以外の企業様への直接的なご意見(クレーム等)は、誠に恐れ入りますが、企業様の問い合わせ窓口へ直接ご連絡くださいますようお願い申し上げます。
※提案を送るには、会員登録が必要です。既に会員の方は、ログインの上、提案をお送りください。

氏名

お住まいの地域

誕生年(半角数字)

西暦

会社名

役職

職種

メールアドレス

※携帯メールアドレスは、すべてのサービスがご利用いただけない場合がございます。

メールアドレス(再入力)

提案・提言

社長名鑑からのメールマガジンを受け取る

上記個人情報の取扱いに同意する

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

転機へ移動する

プロフィール

企業情報

■氏名
田中裕輔
■出身地
大阪府
■役職
代表取締役

■企業名
株式会社ロコンド
■設立年(創業年)
2010年
■ホームページ
http://www.locondo.co.jp/
■所在地
東京都渋谷区元代々木町30-13 グラスシティ元代々木8階
■業種
情報・通信業
■企業概要
インターネットショッピングサイト「ロコンド」の運営・管理
■従業員数
70人
■最終更新日
2016/09/13

プロローグ

聞き手

それでは本日はですね。設立からわずか5年で、日本最王手のECサイトを展開されてらっしゃいます株式会社ロコンド田中社長に話を伺っていきたいと思います。それでは社長、宜しくお願い致します。

田中

お願いします。

聞き手

非常に若いですね。もう30代ですけど。ビジネスマンとしては非常に色々な経験をされてらっしゃるということで。今日は田中社長のいわゆるビジネスマンとしての半生とこのロコンドという会社の現在とこれからについて色々と話をうかがっていきたいと思います。宜しくお願いします。

田中

宜しくお願いします。

幼少期〜大学生時代

聞き手

先ほども少しお話をさせていただいて、お生まれは大阪の吹田市。

田中

そうです。

聞き手

お子さんの頃は、どんな関西の子供だったんですか。

田中

結構ザリガニばっかり獲っている感じで。小学校2年生までですかね、ペラペラの関西弁で。

聞き手

長く関西にお住まいに。

田中

小学校2年生まで。3年生からは東京の方に来ちゃったんで。

聞き手

お言葉は関西弁はあまり。

田中

だめなんです。

聞き手

怒った時だけやたら関西弁になるとか。

田中

言いたいですけどね。えせ関西弁です。

聞き手

そうなんですね。さっきザリガニばっかり獲っていたという話がありましたが、どちらかと言うと勉強かスポーツかといったら、スポーツだったりとか。

田中

大阪にいるときはもう完全に沼に行って基地を作ったりとか。ザリガニを獲ったりとか、もうそんなんばっかです。

聞き手

出来の良いお子さんだったのか、やんちゃな、ちょっとイタズラっ子なかんじだったのか。

田中

小学校の時は大した勉強はしていなかったんですけど。まあまあ成績もいい方ではあったって感じ。

聞き手

例えば大きくなって、サッカー選手になりたい、野球選手になりたいという感じではなかった。

田中

なかったですね。小学校のころから、結構ビジネスマンになろうみたいな感じで、なんかそういうスポーツ選手とかなく。ビジネスマンが一番いいと思っていた。

聞き手

それはご両親の影響とかあったんですか。

田中

大きいと思いますね。父は銀行員なんですけど、父が自分のビジネスに誇りを持って、色々と小学校の僕にも色々と話をしてくれたりとか。結構すごいというか、子供ながらに尊敬はしていたんで。そこはやっぱり影響があると思いますね。

聞き手

自分の大きくなったらお父さんのような。

田中

少なくてもビジネスマンになりたいと。

聞き手

東京で学生生活を過ごされて、進学は一橋大学に。一橋大学の学生の頃はどんな感じだったんですか。

田中

なんでしょうね。対して勉強もしないで、海でアルバイトしたりとか。

聞き手

海の家で。

田中

そうです。その時はガングロロン毛見たいな感じで。

聞き手

今のさわやかな雰囲気からは、

田中

全然汚い感じでした。

聞き手

結構大学生らしい大学生。

田中

そうですね、典型的というか。なんか勉強しない駄目な大学生。

聞き手

でも、就職って言うのが近づいてきた時に、進路としてどういう風にやっていこうと考えられたんですか。

田中

なんかせめて1年生2年生の時は、あまりなにか考えてなくて、遊んでばっかで、3年生くらいから真剣に考え始めて、その中で色んな人と積極的に会うようにして、その時にひとくくりにいうと、外資系の人達って、なんか違うなというか真剣に仕事に取り組んでいる感じがあってかつ、プロフェッショナルだなと印象をすごく受けて、3年生くらいの時から、外資系のどこかで、成果主義が浸透している会社。そこに入って自分で成果を上げて、成長していきたいなというのが思い始めましたね。

聞き手

就職活動をされて、ガングロロン毛から、一変して、世界有数のコンサルティング会社のマッキンゼーにご入社をされるわけなんですが、就活は一生懸命やったんですか。

田中

結構ノイローゼ気味でしたね。外資系というのがあって、その時に分かりやすいのが投資銀行とコンサルディングファームだったんで、最初は投資銀行を受けて、全部落ちて。やっぱコンサルティングファームかと思って受けたんですけど。マッキンゼー以外は全部落ちて、最後がマッキンゼーで。駄目かなと思ったんですけど。ここはうまくいって。なんか合っていたのかなって感じはします。