株式会社日本ワークス ~設立から20年を超える、不動産の企画、開発、売買仲介事業者~

エピソード

株式会社日本ワークス 代表取締役 鎌田 勇人 (2014年2月取材)

[もっとみる]

エピソード

【鎌田】

僕は、平成元年に高校を卒業して、このまま不動産業界に入社しまして、営業一筋でずっとやって、たまたま入社した会社が投資用の不動産会社のスパルタ会社なんですね。そこで、電話営業というものを初めて経験して、とにかくアポイントを取らないと、家に帰れない、お客さんの所に行ったら売るまで帰れない。そういう、本当に厳しい会社で、たくさんの上司から色んな仕事を教わって、ちょうど、平成のいわゆるバブルが崩壊した後だったんで、非常に不動産業界自体が真っ暗な時代で、どん底の時代だったんですね。

そこから、平成8年に日本ワークスを設立する前に、一人で新宿に事務所を借りて、それこそ、夜になるとゴキブリがうじゃうじゃ出るような、雑居ビルのマンションの一室を借りて暫く一人でやってみようという事でやっていたんですね。色んな人の応援もあり、またそういうお客さんからの応援があって、たくさんの方を紹介してもらって、自分自身驕ってた訳ではないですけど、自分が日本で一番マンション売るなと思っていましたんで。

そんな中で、今私のナンバー2、当社のナンバー2をやっている矢島と、偶々駅のホームで出会って、矢島から声掛けられて、矢島と言うのは僕が入った会社の1年後輩だったんですね。数年ぶりに会って、「今何しているんですか?」と、実は矢島も会社を辞めて違う会社に行ったんですけど、バブルが崩壊してその会社もダメになって全然給料も出ていないと、「こういう事やっているんだけど来たら?」と言ったら、1週間後に荷物全部まとめてうちに来て。

二人でやり始めて、結構矢島のアポイントもつきながら、自分の数字も作りながら、年間で言ったら、そうですね、60件くらい売ってたんですけど、賃貸の管理も含めて、我々でやっておったんで、どうしてもお客様に対する対応が後手に回ってしまって、外に出ている機会も多かったので、アルバイトの事務員雇っても、お客さんから対応されて僕らがお客さんのとこ入ってて、なかなかそれにちゃんと対応できない。家賃を募集するにしても、どうしてもスピーディーにできないとかですね。そういうのがあって、今までお世話になって応援してくれていたお客様に対して、ちゃんと恩返しをしようと。その為にはちゃんとした組織を作ってですね。やって行かないと、お客様に対して不便な思いをさせてしまうだろうと、という事できちっと会社を作って、もう1回立ち上げをしようとそういう形で作ったのが、日本ワークスなんですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 鎌田 勇人
役職 代表取締役

応援メッセージ
この社長に直接提案