株式会社日本ワークス ~設立から20年を超える、不動産の企画、開発、売買仲介事業者~

ビジョン

株式会社日本ワークス 代表取締役 鎌田 勇人 (2014年2月取材)

[もっとみる]

ピジョン

【鎌田】

今後、当社グループ会社含めて、投資用の不動産の販売以外を会社としてやっていこうとかですね。そういった考えは現在は全くないです。今後は、色々な経済情勢の中で、違う考えが生まれるのかも知れませんけど、また将来においてですね、今この会社を現況売り上げ100億の会社を、将来に渡って150億目指そう、200億目指そう、従業員もどんどん増やしていこうとかですね、そういった計画は僕の中では無いというかですね、全く目標とか目的が無い訳じゃないですけど、まず今自分の会社、もしくは自分の中で出来ること、ここまでやったから、もう一歩ここまでは出来るでしょうと、確実な堅実な計画の中でやっていきたいと思っています。 その理由としては、やっぱり僕らデベロッパーですから、製造業とは違うので、売り上げ100億を今後来期150億再来期、200億にしようと思ったら、当然そこには物の仕入れがまずかかってくる訳ですよね。無理な仕入れをする事イコール、例えば原価が高かったり、建築コストがかかったり、原価ですよね。そこはどこに誰に迷惑がかかるかと言えばそれは、最終エンド。いわゆる今までお世話になったオーナー様、当社からしたらエンドユーザーの顧客の皆様に、当然値段も含めて負担がかかる。製造業であれば、年間100億の会社を倍にしようと思ったら、ラインを倍にすれば、当然ものは出来ますよね。後は売り先。売り先を倍にすればいい。それだけの需要があるものを作ればいい、多分そうやって目標を掲げてやっていけると思うんですね。僕らはやっぱり、不動産っていうのはある意味、同じ情報は二度とない生き物みたいなものですから。 当社はたまたま平成8年に設立してですね、売り上げに関しても増収増益できて、リーマン以降出っこみ、へっこみはありますけど、別にそれを目指してやってきた訳じゃないんですね。平成8年って、一番その、僕らの業界どん底の時代でしたから、当然どん底で会社を作っている訳ですから、時代が良くなればそれに合わせて、増収増益になるのは、偶々そうなったと、よく色々な方にそこを目指してやってきたんですかと聞かれますけど、本当に偶々、結果的にそうなっているだけなんだという風にいつも思ってやってきてます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 鎌田 勇人
役職 代表取締役

応援メッセージ
この社長に直接提案