株式会社スカイ ~地域密着型の「かかりつけ薬局」を目指す~

Vol.2 自社の強み

株式会社スカイ 代表取締役社長 森田 崇 (2014年1月取材)

[もっとみる]

-自社の強み-

【森田】

2、3年前までは、私自身も薬剤師として現場でばりばりとやっていました。その中で、薬局さんによっては、薬剤師ではない社長もいたり、薬剤師の社長がいたりします。やはり現場のことも分からないと、指示もできない。私は薬剤師さんの気持ちも分かるし、かといって経営的な目線でも見なければいけない。この両方の目線で見ながら進めているのですが、なかなかそのギャップが埋まらない時もあるし、埋まったかなと思ったら違う時もある。うちの会社はまだ4店舗で小さいですが、私と従業員が直に話す機会はすごく多いと思います。そういう面では、会社としての考えや私の考えが、直に伝わる。どう考えているのか、どういう方向で進めていくのかといった質問にある程度答えられるというのが、うちの強みだと思っています。

これは、私が現場にいたころの流れですが、場所の問題も確かにあります。やはり病院が近い所が一番有利ですし、遠くなれば不利になります。その中でも、やはり患者さんというのは人を見るので、患者さんの気持ちになってお話ししたり、説明をしたり、患者さんとのコミュニケーションがうまく取れてくれば、患者さんはちょっと遠くても自然に来てくれる。患者さんも毎日同じ薬を飲んでいるので、薬の説明はいらないけれども、家の愚痴や先生に言えないことを、そのうち色々と話してくれるようになる。その辺の患者さんの気持ちを汲んで、真摯に接することによって、患者さんは確実についてくる。

その辺りの人と人とのコミュニケーションによる差別化を、薬剤師がどこまでできるのか。やはり「◯◯さんに聞くと、安心して飲める」とか、逆に「先生には聞いたけれど、◯◯さんに聞けば、より安心して飲める」といった一言をもらうことによって、患者さんと接するのが薬剤師である意味が、すごく大きいのだなと痛感しました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 森田 崇
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめの社長動画

応援メッセージ
この社長に直接提案