株式会社スカイ ~地域密着型の「かかりつけ薬局」を目指す~

応援メッセージ
この社長に直接提案

Vol.6 メッセージ

株式会社スカイ 代表取締役社長 森田 崇 (2014年1月取材)

[もっとみる]

メッセージ

【森田】

これはいろいろな学生生活を過ごす方がいると思いますが、まず私の話をすると、お恥ずかしい話ですが、はっきり言えば勉強していません。その中で4年間で何をしたかというと、まずサークルは入っていました。サークルの中でいかに先輩に気に入ってもらえるか。先輩とうまくできるか。それから同僚、部下とうまくできるか。コミュニケーションを取れるか。あとは友達を増やすか。ということは、それはいずれ何の役に立つかというと、会社に入ってからと同じなんです。

上司、部下、同僚という感じに応用できると思います。やはり学生さんはせっかく4年間、もしくは6年間あると思いますので、いかに多くの友達と触れ合って、やはり合う人、合わない人が必ずいます。会う人はいいですが、特に合わない人と、いかにうまくつき合うか。その辺は是非学生のうちに。失敗はしてもいいと思うので、いかに失敗するかです。そこから自分で今度はこうしたほうがいいとか、その辺の話が経験できれば、社会に出てから非常に役に立つのではないかと。あとは私はアルバイトも少しはやったのですが、やはりお金をもらうということは、対価をもらっているわけですから。それなりには、やはり仕事をしていくと、その辺の意識を持っていただきたいです。

【森田】

薬剤師さんは6年生でやはりどこでも就職率はかなりいいと思いますが、いかに会社の財産になれる薬剤師になるか。人材にもいろいろあります。漢字を挙げれば四つになりますが、宝の人材と、武士の人材と、つみの人材、いろいろな人材があると思います。会社の財産になる人材にいかになれるかで、自分の将来が決まってくるだろうと私は思っています。

【森田】

これもちょっと私が心がけていることですが、何事も初めてやる時は、すごい緊張して、新鮮な気持ちになるのかなと。やはりその時の初心の気持ちを常に忘れずにいてほしい。それはなぜかというと、例えば就職際、すごい緊張していたとします。ではそれがいつまで緊張を保てるか。何年かすればそれがなくなるし、そうなった時に、どういう態度になるか。そこはやはり、会社の人は見ています。そこをいかにキープできるか、いかに融通をきかせられるか。その辺が会社に入ってから重要じゃないかと。それは薬品業界だけではなく、全体の会社に対して言えることだと思います。あとは薬剤師さんに特化したことではないのですが、私なりに思っていることは、女性、男性で、たぶん男性は比率的には3割か4割と思うのですが、特に男性の方はいずれ管理職、もしくは自分でやるという道をたどっていくのかなと思います。

私が面接とか、これからやる気のある方によくお伝えするんですが、人に使われる薬剤師はたくさんいますが、人を使える薬剤師はなかなかいません。それはやはり、学校では教えてくれないと思います。一般的な常識とか、あとはコミュニケーション。その辺がうまくミックスされていないと、人は使えない。やはり特殊な業界なので、その辺、人を使うことができれば、どこの業界に行ってもいけると思いますし、逆に言えば、そこができないと上司としてはあまり望ましくない方向にいくんじゃないかということを、常に皆さんにはお伝えしております。

【森田】

特に若い方は、これからもっとこういうことをやりたいとか、起業したいとか、特に起業したい方は、従業員が必ずいるわけですから。もちろん働いてもらっている立場を忘れずに。ですがやはり対価を払っていますから、いかにそういうところを有効に、働いていただくかということが一番大事だと、私は常に皆さんにお伝えしています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 森田 崇
役職 代表取締役社長

応援メッセージ
この社長に直接提案