株式会社 久原本家グループ本社 ~『茅乃舎だし』をはじめ『キャベツのうまたれ』など、独自のブランド戦略で全国に~

企業理念

株式会社 久原本家グループ本社 代表取締役 河邉 哲司 (2014年3月取材)

[もっとみる]

企業理念

【河邉】

私どもの「モノ言わぬモノに、モノ言わすモノづくり」という言葉がありまして、これは我々が最も大事にしている言葉なんです。例えば明太子。決しておしゃべりしませんよね。でも食べておいしいと思ったら、人って必ず言いたくなるじゃないですか。「あんた知っとお?」と。「あんた椒房庵の明太子知ってる?」みたいな。やっぱりがんがんCMして、売り上げを挙げようとするのではなくて、本当においしいもの。手間隙かけたおいしいものを作る。そしてその食品、我々が作ったものに、モノ言わせようと。そういう会社でありたいなということを、一番の理念として挙げております。

【河邉】

そうすることによって、我々は一番会社の大事な物差しというのは、永続なんですよ。永続が何よりも優先だ。決してお金ではない。じゃ社長、お金いらないんですか。そんなことはない。当然永続のためにお金は必要ですが、なにかあった時に一番ではない。

【河邉】

例えばいろいろな偽装があったり、賞味期限がきれてしまってはもったいない。だから変えました。とあるじゃないですか。そして後でいろいろな取材がいった時に、これを捨てたら、莫大な損害を会社に与えるから、改ざんしましたとかあるじゃないですか。永続という物差しを当てはめた時に、右に行けばいいですか、左に行けばいいですかと考えたら、簡単に答えは出るんですよね。でも残念ながら永続ではなくて、ほとんどの会社は金ということがスタート。金だから逆送りなんですね。ですから、これは私は絶対まかりならない。とにかく常に永続なんだ。いろいろ迷うことがあったら、常に永続ということを物差しに判断しなさい。ということが、我々の方針で、ですから常に永続するために「モノ言わぬモノに、モノ言わすモノづくり」ということに、粛々と挑戦しながら、より良いものを作っていくか。それがひいては永続につながるんだということを言いながら頑張っております。

【河邉】

先ほども、私どもは永続が何よりも大事な物差しだと話しましたが、結局永続の物差しのためには、いかに従業員がどういうことをしていくかということが、あるんですが。一つは、いかに手間隙をかけた本物を作るかということ。もう一つは地方旗、例えば博多という旗を立てると、大手さんがなかなかこれませんので、この二つがものづくりとしてはあるんです。一方で接客とか本社にいる管理本部とかは、私たちは何をするんですか。ものづくりに携われません。という話になるので、このメンバーは、いかにお客さんに喜んでいただくか。いかにお客さんに感動を与えるかということを頑張ろうよ。という話をしています。このものづくり、いかに手間隙かけた商品を作る。そしておいしかったと思って買いに来ていただける。そうすると、永続に向うではないですか。接客チームだって、あなたに会いたいからとか、レストランとかでは特にそういうことがありますね。料理もそうだけど、あなたに会いたいから食べに来たという。本当に物販もそうです。あなたに会いたいから買いに来ただったら、まさしく永続にかなう。ということで、このものづくりと接客、この二つ。この両輪で我々はいかに永続するかということをいろいろやっているわけです。

【河邉】

私どもは永続が一番大事だという状況の中で、元々「久原醤油」からタレに入ったくばらブランド。そして25年前にスタートしたは方で最後発の明太子「椒房庵」というものがあります。ありがたいことに両方とも成長してきたし、しているわけですが、でもやはり二つでいいのかと。というのは、我々の121年の歴史を見た時に、戦前では今でいう中国とか韓国に醤油を。日本の領域が広がった時代ですから、がーっと。ところが終戦によってがーんと反動があった。ですから、たかだか120年の歴史の中で、そういうことがありました。これは絶対二度とこういうことがあってはならないということで。では我々は今から何をすべきかということに、全てつながるんですが、そのために「くばら」「椒房庵」これだけでいいかと思った時に、やはりいろいろ問題点がある。それで3本目の、毛利元成の三本の矢ですね。これを考えた時に、やはりもう一つないといけない。ということで「茅乃屋」という無添加のブランドを作りました。ですからありがたいことに「くばら」「椒房庵」「茅乃屋」という3本柱なんですが、昔は10年ひと昔と言いましたが、今はすごい移り変わりが速いわけです。なおかつ、この2本目の柱の明太子というのは、北海道の卵しか使わないので、すごい上質なんですよ。そうすると自然のものなので、いつどうなるかわからないじゃないですか。いつ枯渇するかわからない。ですからこれは今、燦然(さんぜん)と輝く上のほうに置いておいて、私は今まだ2本しかないと思っているんですよ。ですから新しい3本目の柱を作らなければいけない。と思いながら、今事業を組み立てているということです。そういう意味で3本の矢をきちんと作ることで、永続をさせようというのが我々の考えです。

【河邉】

我々、元々は醤油屋で、今「茅乃屋」というブランドの中で、だしが注目を浴びている状況の中で考えるのは、この醤油とだしを考えたら、まさしく日本食のど真ん中じゃないですか、二つとも。このど真ん中を持っている買い差としては、日本食が世界に広がっていく今の現状を考えた時、当然海外をやらないといけないと思っています。ですからここ数年、やれニューヨークだ、ハワイだと、いろいろなことを、現実的に少しあちこちに流したりはしているのですが、まだ現実的に直営店としての店舗は海外にありませんので、今は3年内にパリに、是非直営店を出そうということを計画というか、目標を立てているところです。なぜパリなのかという話になるのですが、やはり食というのは、パリ、フランスの人が、やはり食については造詣が深いというか、すごいこだわられると。しかも味覚が発達しているということで、まずフランスで挑戦してみたいと思っております。それからできればニューヨークだったり、ロンドンだったり、そういうところに直営店、あくまでも直営店。ただ卸として流すんだったら簡単なんですが、そうじゃなくて直営店を出したい。直営店に日本の調味料をぽんとおいて、売れるんですかというと、売れるはずがないんです。そこにはやはり、日本の料理だったり、料理の周りのいろいろなしつらえとか、食にはいろいろなことがあるじゃないですか。そういうものも一緒に日本の食文化ですよね。そういうものを一緒に提案するようなものを併設しながら。そして日本の食文化を世界に広げていきたい。ただ調味料を広げていきたいのではなく、食文化自体を広げていきたい。そのくらいの恐れ多いですが、崇高な意気込みで、まずフランスにという目標を今定めております。

社長プロフィール

President's profile
氏名 河邉 哲司
役職 代表取締役

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案