株式会社 久原本家グループ本社 ~『茅乃舎だし』をはじめ『キャベツのうまたれ』など、独自のブランド戦略で全国に~

商品について

株式会社 久原本家グループ本社 代表取締役 河邉 哲司 (2014年3月取材)

[もっとみる]

商品について

【河邉】

今3ブランドありますから、それぞれに例えば「くばら」だったら野菜。「やきとり屋さんのキャベツのうまたれ」からスタートしましたので、特に青果コーナーに対する、野菜をおいしく食べるドレッシングとかたれを、キット商品とか、そういうのに力を入れてやっています。「椒房庵」はそういうことでは新製品はないんですが、もう一つは「茅乃屋」ですね。「茅乃屋」というのは「茅乃屋だし」を中心にいろいろな無添加の調味群という形で、すごいアイテムがあるのですが、そういうことをやっているところで。

【河邉】

ただ今後もいろいろな面白い、こんな商品あったらいいよねという商品の開発をたくさん続々としておりますので、そういうのをどんどん投入しようと思っていますし、通信販売もありますので。通信販売は通信販売なりの、独特の商品なんかも今後開発していきたいと思っています。

【河邉】

我々は大手さんと違いますから、例えば「くばら」の商品もそうですけど、「鍋つゆ」というのがあります。結局これもよせ鍋とかいうのではなくて、「キャベツのうま鍋」など、野菜コーナーに特化したものです。最初は「なんかなあ」と言われてましたが、こういうのに特化しながら、よそと違うネーミングで、なおかつ値段もよそさんよりちょっと高め。そのかわりおいしいものということなんです。ですから大手と戦ってもどうしようもないですから、「くばら」としては、大手よりもちょっとプライスゾーンが上で、そのぶんおいしいと言われるような戦略を立てております。「茅乃屋」もそうなんですが、やはりちょっと高いと。というのは、我々は手間隙をかけておいしいものを作ろうとしているわけですね。ですから、たくさんで回っている大衆的な商品よりは当然高くなる。その代わり絶対おいしいよというようなことを目指しながら、今商品開発しているところです。

【河邉】

大手が大量生産されて、コスト重視ということでは、絶対に我々は残れませんので。ですから徹底的に手間隙かけながら、大手だったら絶対こんな面倒くさいことしないでしょというようなことを、面倒くさいけどやりながら、そして品質を挙げながら、そして売っていくという戦略なんですね。もう地方の小企業が残れるのは、この方法しかないと思っています。逆に大手は絶対こんなことしたくないはずですから、そこに徹底的に特化すると、当然現場は嫌がります。やはり手間隙かかるし、大変なんですよ。そのひと手間、ふた手間をかけることによって、絶対的に差別化された商品が生まれることで、そこにこだわって、今いろいろやっています。

【河邉】

これも先ほど言いましたように、手間隙かかるぶんだけ上質になるということで、やっぱりちょっと高めになる。これも合う程度仕方ないことということで、やはり上質なものを求めていくと。一般のたくさんの方が買われている商品より、ちょっと上の商品という形が「くばら」としての大きな戦略かなと思っています。

【河邉】

例えばこの「やきとり屋さんのキャベツのうまだれ」です。これは、博多の焼き鳥屋さんに言ったら、まずざく切りのキャベツがでてきて、それを食べながら、そしてビールを飲みながら焼き鳥を待つという食文化があるのですが、これを商品化して売りました。実は私は売れると全然思ってなかったんですが、出したらびっくりするぐらい売れたということがあったんです。後で、なぜこれだけ売れたのかなと思ったら、結局潜在的な欲求があったと。焼き鳥屋さんに行ったら、あのたれおいしいよね。でもスーパーに売ってないもんね。家でつくろうとしてもできないもんね。そういうことで、その潜在的な欲求があるところに、この商品がポーンと入った。そしてボーンと爆発した。なおかつこれは次調味料として、その当時、次調味料の先発みたいな存在でした。マスコミがすごい取材してくれましたので、そういうこともありました。ありそうでなかったもの。そういう意味でこのようなものは、実を言うと、全国に転がっているんではないかと。あれおいしいよね。それを本当に商品化したら、実際は売れるみたいな。だからものすごく難しいものではなくて、商品というのは。けっこう全国に転がっているのではないかと。ですから我々もそれを見つけて、商品化しょうという話をしているんですが、二匹目はなかなか難しいです。そういうことで、この商品はたいへん売れたということではないですかね。

【河邉】

年間6300万、月に500万の醤油屋だった時に、私は自分で醤油を作って、軽トラックに醤油を載せて、前掛けをして運転しながら一軒一軒

【河邉】

醤油を配達したわけですよ。それは決まったお宅に持っていくわけです。知ってる人や隣のおばちゃん。知っている人でもとってくれない。でもなかなかマイ醤油があるので買ってくれない。そういった時に、声をかけた時、あんたが家継いだとね。そしたら1本とってやろうと言っていただいた、この感激、うれしさというのは、とにかく忘れられないんです。今ではたれのお客さんに、毎日毎日大きなトラックで、食品工場に納品して、何千万の売り上げがあります。でも売上げじゃないと思ってるんです。1円の商品とかはりませんが、100円の商品でも、何千万の商品を買っていただいたお客さまも、とにかく一緒なんだと、本当にうれしいことだ、ありがたいことだ。それが私、骨身にしみて。それが私のバネなんです。

【河邉】

とにかくこの心をいかに従業員に伝えるか、ということを日々、今苦心しながら、そういう話ぐぉ従業員にお話しています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 河邉 哲司
役職 代表取締役

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案