株式会社 久原本家グループ本社 ~『茅乃舎だし』をはじめ『キャベツのうまたれ』など、独自のブランド戦略で全国に~

Vol.6 メッセージ

株式会社 久原本家グループ本社 代表取締役 河邉 哲司 (2014年3月取材)

[もっとみる]

-メッセージ-

【河邉】

今の学生さんというのは、適当に「近くにコンビニがあったから」とか「近くにファーストフードの店があったから就職しました」みたいな話をよくしています。だから、就職した後、やっぱり自分の目標が分かっていない。本当にこの業種で仕事をしたかったから、就職したわけではないというケースがすごく多い。バイトでもそうですが、自分がどういうものに興味があるから、将来の仕事の訓練としてこのバイトを選んだ、というようにしなければ。興味があるものの中から、自分が目標を決めるということをしないと、すごくもったいない。就活が始まる寸前になって、初めて自分の目標は何なのかと考えるというパターンですね。そうではなく、大学の4年間というのは、自分の将来の夢や目標を見つける期間だと思うんです。そのためにも、有意義なバイトをすべきだと思っています。自分の目標に近い業種でのバイトです。もう一つは、何よりも友達です。一人でも多くの友達をつくること、これが学生時代で一番大事なことではないかなと思います。ぜひ一人でも多くの友達をつくっていただきたいですね。

やはり、人というのは必ず役割を持って生まれてくると、私は信じているんです。その役割を自分で自覚できるかどうか、そういうことだと思います。ですから、会社に入ったら、その中で一刻も早くその自分の役割を見つけてほしいと思っています。また、1年足らずで辞めたりする人もいますが、やっぱり3年間はその会社で頑張る。それで、どうしてもダメだったら仕方ないと思いますが、1年間くらいで辞める人は、次もすぐまた辞めるケースがすごく多いですからね。だから、3年間我慢してみて、ダメだったら次のステップへ行く。そのくらい我慢して、自分の人生を見つめてみるということも、非常に大事だと思います。とにかく、その会社での役割は、必ずあると思いますから、まずそれを一刻も早く見つけてほしいですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 河邉 哲司
役職 代表取締役

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案