株式会社マネージビジネス ~本田技研工業と『運転シミュレーター』の共同開発も行う、システムインテグレーター~

社長就任秘話

株式会社マネージビジネス 代表取締役社長 檜物 茂

[もっとみる]

社長就任秘話

檜物

私は8年前にこの会社に入社しました。中途採用です。その前は、別の会社にいて、親会社にも3年いたんですが、今の会長からうちに来てくれという話があって、入社しました。その時は、私の通勤時間も長いので、お断りした経緯もあったんですが、怒られまして。起こられて、よく考えてみたら、私も仕事がないので、断ってしまうと。そういうことで、会社を選びました。

檜物

社長を意識し始めたのは、役員2年目くらいですかね。取締役になって2年目くらいに意識して、意識したというか、そういう環境を作られたというか、なったんですね。それで常務という形で、古い方たちが、一線を退いて、私が上がっていったということで、これは何かあるなということで。そこから当時の社長の動きを見ながら、正しく経営者になるには、ということを意識し始めました。

檜物

大失敗というと、我々大きな開発というか、一度に100人規模で開発するところがあるのですが、他社さんも一緒にやるわけですね。他社さんとうまく連携を取って、やらなきゃいけないんですが、どうしても自分のところがいっぱいいっぱいになると、連携が疎かになる。疎かになって、他社もうまくいってるなと思ったら、我々が先行して連携テストしましょうと言った時に、他社が何もできてなかったということで、プロジェクトが2年かけてやってたんですが、もう1年伸びることになって、夜も帰れないとか、そういう状況が続きました。そういうことはあってはいけないと思うのですが、一番つらかった経験ですね。家にも帰れなかったですしね。これからは、止めたいと思っています。

檜物

社長になった決め手というのは、やはりいろいろ勉強させていただいて、経営者という考え方を教育も行かせてもらいましたし、直々に教わったこともあります。そういう段階を踏んで、社長という立場になりました。まだまだ入門なんですが。他社も若い方たちが、社長になられてて、負けてられないということで、意識がその時に変わりました。

檜物

だんだん自分がやらなきゃ誰がやるんだという話で、小さい会社なので、基本的には任された以上、私はきちんとやっていくということで、社員の皆さんの前で、誓いをしました。

檜物

社長になったからといって、自分のやりたいようにやれるなんて、とんでもない話で、歴史もありますし、やり方もありますし。武士道で言うと「守破離」という考え方があります。「守」は、今までのやり方、教えを守って、最低でも2年、3年は守っていく。それを少しずつ進化していくということ。「破」は、少しずつ改良して、革新と言っていますが、そういうことを続けていって、経営とは何ぞやと、社員の皆さんを正しく導くのは何ぞやということをやっていくということ。最後「離」というのは、集大成として、たぶん私が晩年になると思うのですが、会社をもう少し拡大して、夢を持ったことを、今の夢をその時に実現することをやっていきたいと思って、社員には通知しました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 檜物 茂
役職 代表取締役社長

応援メッセージ
この社長に直接提案