株式会社インタートレード ~証券会社向けに、ディーリングやFX取引用の自社開発ソフトを販売~

商品について

株式会社インタートレード 代表取締役社長 尾崎 孝博 (2014年5月取材)

[もっとみる]

商品について

【尾崎】

今現在ヘルスケアでは、ハナビラタケというきのこをベースにしたサプリメントであったり、化粧品。こちらを販売していこうということで、今力を入れています。ハナビラタケというのは、聞いたことがない人が多いと思うんですが、βグルカンという欧米ではかなり研究が進んでいる成分が食品の中では一番豊富に入っているもので、そういったものを自社の工場で生産して、製品を作って、そして直接販売していく。そういったことにこだわりを持って、進めていこうとしています。

【尾崎】

当社はヘルスケア事業に参入した、かなり後発です。ですから、何か差別化をしていこうということで、サプリについては、昨年1年間かけて、実際に病気の方を対象に臨床試験をいたしました。2型糖尿病、1型アレルギー、これを1年かけてやってきたんですが、今後はそういったエビデンスを持った商品というものが、注目されていくのではないかと、そのように考えています。もう一つ、化粧品につきましては、今例えば保湿であれば、ヒアルロン酸が一番有名かと思いますが、βグルカン。こちらについては、ヒアルロン酸よりも保湿力が高い、そしてエイジングケア機能も持っているという、今後の主力の原料になると考えておりまして、そういったことを強く訴求して、展開していきたい。そのように考えています。

【尾崎】

ハナビラタケ、こちらの栽培にかんしましては、山梨の自社工場でやっております。実際でき上がったものを、放射能試験とか、農薬の残留テスト、そういった安全性についてはきっちりと行っております。また、製品として開発されたもの、こちらについても、実際に臨床研究、そして機能研究を行いながら、実際にものとして自信が持てる、そういったものを製品化して、商品として展開していくというところで言えば、かなりこの分野に関しての品質へのこだわりというところが、そこから見てわかっていただけるかと思っております。

【尾崎】

当然いい商品というのは、値段が高いものというのはわかるんですね。ところが、我々は独自産業ということを通じて、必要以上に高い製品、商品にしたくないと考えています。ですから、生産、商品の開発、そして販売。これを一気通貫で、一次産業、二次産業、三次産業。これを通じて、なるべくお求めやすい価格で提供できるよう、企業努力をしております。

【尾崎】

実際にヘルスケア事業で販売を担当しているのが、100%子会社の健康プラザパルが担当しています。こちらのお客さまは、2種類ございまして、一つが個人のお客様です。こちらの個人のお客さまにつきましては、数万人という規模のお客さまになるんですが、そちらは今、年に数回カタログを送付して、電話をして、注文を受けつけるという、販売の方法をしております。また、健康プラザパルにつきましては、卸売という形で問屋みたいな機能もありまして、多くの薬局であったり、ドラッグストアへ卸している部分もございます。そういった中で、今一番どんどん売れ始めているというのが、先日臨床が終わった「はなびらたけ粒」という製品が一番今、熱い注目を浴びているかというところでございます。

【尾崎】

どのサービスも、やはり真摯にお客さまと向き合うというのが、非常に大切なことだと思っています。創業からそれはすごく大事にしているところです。ところが、ヘルスケアのお客さまについては、カタログを送付して、電話でご注文いただくという形になりますので、実際にお客さまとお顔をあわせるということは、めったにできないことなんですね。ただそんな中でもお客さまから、喜びの声を紹介いただいた時には、本当にうれしく思います。企業というのは、収益を上げなければいけないというのもありますが、もう一つとしては、やはり貢献して、それが喜んでもらえる。そういったものも大事だと思うので、そういう声が上がってきた時には、非常にうれしく、大事にしたいなとお客さまに対して、そう思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 尾崎 孝博
役職 代表取締役社長

応援メッセージ
この社長に直接提案