株式会社インタートレード ~証券会社向けに、ディーリングやFX取引用の自社開発ソフトを販売~

経営哲学

株式会社インタートレード 代表取締役社長 尾崎 孝博 (2014年5月取材)

[もっとみる]

経営哲学

【尾崎】

経営とはということを創業から10年くらい悩んで考えました。私の中で、今現在、行きついている内容としましては「みんなと、ワクワク、ことを成す」。これが経営だと思っています。そのために社長がすべきことは、一つ、道を示す。二つ目、リソースを用意する。そして三つ目として、みんなをやる気にさせる。この三つでそれを達成する。これが経営だと私は考えています。

【尾崎】

私は職場は一つの共同体だと考えています。プライベートと、そして仕事と、別のものだという人がいるかもしれませんが、私は共同体と、この職場というのは、すごく人にとって大事なものだと思っているんですね。プライベートは、人によって大きくなったり、小さくなったりしますが、こちらの職場という共同体については、やはり同じ大きさ以上に常にしていきたいと考えております。やはりそういったところで、共に働く仲間。そして同じ目的に向かって努力する仲間。そういったものを大事にする。それが非常に私は大事だと思っていますし、こだわっているところです。ですから、好きなことをやりたい。給料がいい。でも働いてる職場の仲間は大嫌い。これでは人生つまんないと思うんですね。そういったことを私は大事にしていきたいと考えています。

【尾崎】

私が尊敬しているということで、歴史上の人物で、一番最初に上がってくるのが、坂本竜馬です。本、テレビ、いろんな形で、見て知ったんですが、これまでの考えにこだわらないという姿勢がすごくいいと思っています。私はマネージャーと、リーダーの違いというのをたまに社内で言うんですが、マネージャーというのは正しくする。でもリーダーは正しいことをする。ここに大きな違いがあるんですね。まさしく坂本竜馬は正しいことをする。これまでとは違うことでも、これが正しいんだと。そういったものをどんどん進めていく。というところに非常に私は魅力的に感じます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 尾崎 孝博
役職 代表取締役社長

応援メッセージ
この社長に直接提案