株式会社ロコンド ~倒産寸前から奇跡の復活!常識を覆した“靴のEC”成功の舞台裏~

Vol.6 今後の展望とメッセージ

株式会社ロコンド CEO 田中 裕輔 (2015年8月取材)

[もっとみる]

今後の展望と視聴者へのメッセージ

【聞き手】

2020年には1000億の企業になると掲げてらっしゃいますけど。あと5年しかないわけですがいかかですか。目標に対しては。

【田中】

まだまだ可能だと思っていて、当然チャレンジレベルは高いんですけど、ここは何とか食らいついて行きたい。僕は負けず嫌いじゃないんですけど、ザッポスは9年で1000億なったんですね。そういう意味ではザッポスは9年で1000億になったと、僕らはプラス1年で10年でも1000億にならなかったら、僕は負けた感があるので、まだまだ食らいついていきたいと思ってますし、最近では、アルペンさんと資本業務提携したりとか、色んなバックアップしてくれる仲間というかパートナーさんが増えてきたんで、十分情熱をもって取り組めば可能と思ってますね。

【聞き手】

GMOの熊谷さんが仰っていたというか、何かの本で読んだのですけど、世の中の100億(の企業)というのは、あったらいいなというぐらいのもので、1000億の会社がやっていることというのは、生活になくてはならないものじゃないかって、なるほどなとすごく思います。

【田中】

僕もすごくそう思います。それこそロコンドユーザーさんが何人か当然、うちを愛してくれる方がいらっしゃって。ただまだ必要不可欠までいってないと思っていて、やっぱり100億というのは単純に企業として、黒字かとか利益みたいなのを含めて存続していける水準かなと思っていて、1000億行くと、必要不可欠と思うんで、2020年と言うよりも、1000億に対する強いこだわりがあって、ここにいかないと意味がないとすごい思います。

【聞き手】

これからそういった御社のビジネスであったり、それこそ田中社長に共感して、御社を自分のビジネスのフィールドにしたいとVTRをご覧になってらっしゃる方もいらっしゃると思うので、お話は尽きないんですが、最後にそういった御社に興味を持たれている方にリクルート的なメッセージを頂ければと。

【田中】

ロコンドはかれこれ5年で年商100億と言うところまで来ましたけど、僕らはここで満足することなく、それこそ5年後に1000億というところまで目指して非常にモチベーションの高いメンバーと頑張ってますので、ぜひ新しいものにチャレンジしたいって方は、全部門、積極募集中なので、よかったらロコンドの採用ページを見てみてください。

【聞き手】

本当に、サイト自体も夢がたくさん詰まったサイトで、これから新しいECの形を作っていかれるんだなと見ていて強く思いました。私も早速、御社で買い物させていただきたいなと。ますますのご活躍をこれからも期待しております。本日はありがとうございました。

【田中】

ありがとうございます。

社長プロフィール

President's profile
氏名 田中 裕輔
役職 CEO

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案