山本化学工業株式会社 ~ウェットスーツ素材で世界シェア70%。日本初の機能性に優れたウェットスーツを開発~

Vol.6 経営哲学と視聴者へのメッセージ

山本化学工業株式会社 代表取締役社長 山本 富造 (2016年1月取材)

[もっとみる]

―経営哲学と視聴者へのメッセージ―

【聞き手】

32年間、経営者としてやってこられた中で、経営哲学というようなものはおありですか?

【山本】

継続するということと、早く行動を起こすこと、この2点ですね。一番大事なのは、やると決めたことはやれると信じることです。これがスタートラインです。スタッフがそれをやってくれると我々は信じていますし。スタッフも我々が投げかけたことは間違いないと信じる。お互いが信じるということと、自分はできると信じるということ。これが基本ですね。あとは一度決めたことを必ずやりぬくということでしょうか。

【聞き手】

最後にメッセージをお願いします。

【山本】

周囲から見ると非常に奇妙な会社と思われるかもしれませんが、他の追随を許さないモノだけを考えるということ、使われた方に喜んでもらえるということ、この2点だけは絶対です。また、今はとりわけ医療分野に力を入れています。従来の西洋医学というのは、対症療法なのですが、我々は根本療法で体が自分で直そうとする力を引き出すためのものを開発してきました。

そのような根幹部分を確立して、次のステップに進みたいと思っています。いずれにしても、我々は隠し立てをせず、真っ向勝負を続けている会社です。例えば、特許を取っても、その内容を盗まれることは、あまり気にしていません。また次を考えればいいというスタンスです。日本にも、そういうユニークな会社があるということを、知っていただけ幸いですので、よろしくお願いします。

【聞き手】

ウェットスーツやスイムウェアの世界だけではなく、医療の分野でもトップシェアを取れるような会社になるよう、心から応援していきたいと思います。

本日はたくさんお話をお聞かせいただき、本当にありがとうございました。

【山本】

ありがとうございました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山本 富造
役職 代表取締役社長

応援メッセージ
この社長に直接提案