山本化学工業株式会社 ~ウェットスーツ素材で世界シェア70%。日本初の機能性に優れたウェットスーツを開発~

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案

経営哲学と視聴者へのメッセージ

山本化学工業株式会社 代表取締役社長 山本 富造 (2016年1月取材)

[もっとみる]

―経営哲学と視聴者へのメッセージ―

【聞き手】

その32年経営者としてやってこられて、何かご自身の中で、こう経営哲学といいますか、何かそういったものは。

【山本】

継続をするということと、早く行動を起こすこと、ですね。その中で一番大事なことは、自分も含め、やると決めたことは、やれるというふうに信じることですね。これが一番最初ですよ。だから、やるときめたことは信じてやるというね。だから、スタッフもそれをやってくれると僕らも信じてますし。彼らも、僕らが投げかけたことは、間違いがないんだというふうに信じてやる。お互いに信じるということと自分ができると信じるという、その信じるということが基本ですね。あとは迅速にというのはあるかもしれないけども、一度決めたことは必ずやるということですかね。

【聞き手】

最後にメッセージをですね、ちょうだいできればと思います。

【山本】

我々、周りから見ていますと非常に変な会社というのがあるかと思うのですが、追随を許さないものだけを考えるということと、それからやはり使われた方が、やはり幸せに、にこっとしてもらえる、とにかく喜んでもらえるということだけは絶対なんです。我々は。特に今は医療分野に力を入れていますから、やはり今までの西洋医学というのは対処療法なんですね。我々は根本療法でその人の本当の体が自分で直そうとする力を引き出すためのものをこれまで開発してきて、今作っていますから、とにかく体温を上げていくというのは人類が高年化してきたときにはもうこれは必須科目なんです。

だからその必須部分のものを我々は成功させて、それである程度できた部分のもので、次のステップを我々は踏みたいというふうに思っていますので。とにかく、隠し立てのしない、本当に正直な形で、真っ向勝負のものばかりしか我々やっていませんし、特許を取っても、特許の内容を盗まれるということはあまり気にしていない、また次考えたらいいと、前向き思考でやっていますので、日本にも、そういう変な会社があるということを知っといていただければ非常に我々ありがたいなと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

【聞き手】

ウェットスーツやスイムウェアの世界だけではなく医療の分野でも、トップシェアを取れるような会社になることを、心から応援していきたいと思っています。
本日はたくさんのお話をお聞かせいただきまして本当にありがとうございました。

【山本】

ありがとうございました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山本 富造
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案