株式会社キッズライン(旧株式会社カラーズ) ~元最年少上場女性社長。オンラインベビーシッターサービス『キッズライン』を運営~

幼少期~リクルート時代

株式会社キッズライン(旧株式会社カラーズ) 代表取締役社長 経沢 香保子 (2015年12月取材)

[もっとみる]

プロローグ

【聞き手】

本日はですね、かつて日本で史上最年少で上場した女性企業家ということで非常に注目を集められました、経沢香保子さんが昨年2014年に新たなビジネスにまたチャレンジされました。ということで、本日は株式会社カラーズ代表取締役社長、経沢香保子さんにまた新たなチャレンジについてお伺いしたいと思います。では社長、宜しくお願い致します。

【経沢】

お願いします。

【聞き手】

私も社長のことは常々ですね、色々なメディアで拝見させて頂いておりまして、今日は非常に楽しみにしてまいりましたんで、色々なことを根ほり葉ほり聞いていきたいなと思います。

【経沢】

ぜひ宜しくお願いいたいます

幼少期〜リクルート時代

【聞き手】

本当に同じ働く女性としても憧れるようなものをたくさんおもちだなと言うふうに。

【経沢】

例えばどんな?

【聞き手】

そもそもの経歴がぴかぴか過ぎて、いわゆる関東圏の優秀な女子しか行かないという桜蔭中高と、そして慶応義塾大学と。輝かしい。

【経沢】

浪人してますし、桜蔭では本当に下から数えた方が早かったので、全然えばれる物ではないんですけどね。

【聞き手】

ちなみに子供の頃から勉強するのは結構好きだったんですか?

【経沢】

勉強は嫌いでした。ただ小さい頃に母親にこれからは女性も仕事を持つ時代になるって言って育てられたので、なんか仕事をもっても結婚したり子供を産んだしたいと思った時にどうやったら全部手に入れられるんだろうとすごい考えていたんですね。母が専業主婦だったので、その父親のいうことを母が聞くっていう、子供たちも父親のいうことを聞くっていう中から、なんか自分は自由に生きていきたいなって思った時に父親が自分で自立したら、すべて自分の思うように生きれるんだよって言ったので、なるほどと思って、それを目指すには、その小学生の時にできることは勉強しかなかったんですよね。だから、自分の人生の可能性を広げるには、今できることは頑張っていい学校に行くことだっていうふうに当時は思っていて、思い込みですね。

【聞き手】

でもそれをまっすぐに、言ったらその通りで。

【経沢】

かなえることはできました。

【聞き手】

選択肢を増やすために一生懸命勉強しようという。

【経沢】

ただ一番の女子高だから選んだっていうのがあって、入ってみると本当に優秀な子ばっかりだったんですよ。もうみんな偏差値大リーガーじゃないですけど、私は草野球でなんか打てるし投げれるし、草野球のチームでは頑張れたんだと思うんですけど、プロ野球に入ったみたいな感じだと、全然勉強で活躍できなかったので、これはいけないなと思って、6年間もんもんとしてましたね。

【聞き手】

大学生の時に、就職先を考えるときにはいわゆる大手ではなくて、もうベンチャーマインドの強いところ?

【経沢】

実はあまり世間知らずで、当時インターネットもなかったので、就職活動といえば、はがきを書いてエントリーする。なので、まあ会社っていうと、私営をやっている会社っていうイメージしかなかったので、本当にはがきを書いて応募して、NTT系とか、東京電力とか、食品とか、一般的な就職活動をしていました。

【聞き手】

その中で、リクルートという会社を選ばれたのは?

【経沢】

リクルートは本当にたまたまリクルートさんって当時の採用手法として、リクルート側から大学生にアプローチをするというのを積極的にやられていて、それでたまたまなんか就職ジャーナルですって電話がかかってきて、インタビューに会社に来てほしいって、就職活動のインタビュー。それにこたえに行っている、何度も行って、それがだんだん採用に繋がっていったっていうことだったんですけど。

【聞き手】

じゃあ最初からいわゆる情報通信業とかに興味があって、ではなかった。

【経沢】

はい。リクルートを知らなかったですし、元々広告代理店にすごく行きたかったので、広告系を中心に受けていたから、メーカーとか、そういうところを受けていて、ただ当時少し大手の広告代理店さんは頑張って入社しても女の子は倍がんばってもあまり評価されないって言われて、それがすごくショックだったんです。なんか私としては別に会社のブランドのために入るというよりは、その仕事がしたかっただけなのに、なんかそれが当然の空気だったら、あまり自分の個人にとってはプラスにならない。もしかしたら会社を変えようとかがあったら違ったのかも知れないんですけど、私の中で小さい時からすべてを両立する生き方には30までに何者かになりたかったので、あまり時間がないと思った時にリクルートさんは、うちは実力主義だし、男女の差別はない、区別はあるけどねって言われてしびれて、ここで頑張ろうと思いました。

【聞き手】

当時のリクルートって、いわゆる起業志向が多い子というか、尖った子が入るイメージ。そして、人材輩出企業って言われて、今もそうですけど。優秀な人はどんどん外にでて、起業してほしいって空気があったじゃないですか。それも今の経沢さんを育てるというか、影響としてはあるのかもしれないですね。

【経沢】

一番多かったのは、私は求人広告の営業をしていたことだと思うんですけど、社長に営業に行って、そのビジョンを伺ったり、それを体現してくれる人を集めるためにキャッチコピーを作ったり、そういうことを出来たことがすごく組織とか会社みたいなことを考えるいいきっかけになったことと、あとは色々な経営者の方にお会いしたのがやっぱりすごく自分とってインスピレーションで、それが良かったんだと思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 経沢 香保子
役職 代表取締役社長

応援メッセージ
この社長に直接提案