株式会社カブク ~第4次産業革命来たる!ものづくりの民主化を目指すカブクの挑戦~

Vol.5 求める人材と視聴者へのメッセージ

株式会社カブク 代表取締役 稲田 雅彦 (2017年3月取材)

[もっとみる]

―求める人材と視聴者へのメッセージ―

【稲田】

今、我々がしていることは第4次産業革命のど真ん中におりますし、日本の基幹産業である製造業をどのように変えていくかという真っただ中にいます。そこに対しては、人工知能をものづくりにどのように適応していくのかということや、工場や生産をいかにデジタル化していくのかという大きな流れの中にいるものづくりのベンチャーです。

そういうところで、我々の「ものづくりの民主化」というビジョンに共感をいただいて、新しいゼロイチをつくってやるという心意気のある方に入社していただきたいですし、それを自主的に自分で立ち上げていこうと思う方に入っていただきたいと思っています。自分が人工知能の世界で1つ大きな学びとしてあるのが、ダーウィンの言葉で、「生き残るものは非常に強いものが生き残るわけではなく、また、ものすごく賢いものが生き残るのでもない。変化に適応できるものが生き残るのだ」という言葉があります。ですので、環境は変わりますし、今ですと1年ごとに変わると思いますので、その時にすごい優秀だったり、強かったり賢かったとしても、次にガラッと変わった世界では優秀と言えるのだろうか、生き残ると言えるのだろうかというと、全くそうではないと思っています。柔軟に環境に適応できるのもありますし、変化に強い人間になれるかどうかがすごく重要だと思っています。ですので、柔軟性がありながらも、粘り強く変化できるというところが非常に重要なのではないかと思っています。今大きな第4次産業革命の流れがきています。

―視聴者へのメッセージ―

【稲田】

弊社は、ものづくりベンチャーとして、ものづくりをデジタル化していくとか、ものづくりにいかにAI、人工知能を入れていくかということをしているベンチャーになります。このベンチャーを大きく立ち上げていくという志のある、経営企画系の方、あるいは事業開発、営業の方を募集しています。ですので、ベンチャー経験や、IPO経験、資金調達経験のある方、ものづくりの世界で事業開発をしたことがある方、あるいは工場のマネージメントをしたことがあるという方と、是非ご一緒できればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

社長プロフィール

President's profile
氏名 稲田 雅彦
役職 代表取締役

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案