セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社 ~驚くべき製品続々!世を賑わすベンチャーの革新的ものづくり論~

ものづくりへの目覚め

セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社 代表取締役社長 阪根 信一 (2017年2月取材)

[もっとみる]

【聞き手】

それでは本日は、まだこの世の中に存在しないものを続々と生み出す技術者集団、セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ株式会社代表取締役社長 阪根信一様にお話をうかがっていきたいと思います。それでは阪根社長、宜しくお願い致します。

【阪根】

宜しくお願い致します。

―ものづくりへの目覚め―

【聞き手】

お父様がいわゆる発明家と言いますか、色々なものを生み出す天才だった、と。

【阪根】

そうですね。小さい頃から週末は父と一緒にトントンカチカチ、色々なものを作ったり、父が作っているのを横で見たりしていました。父自身も技術者でいくつかの発明をして、私が中学1年生の時にベンチャー企業を創業して会社を育てていった、という経歴を持っています。

【聞き手】

では、子供の頃からものづくりには非常に近い環境で育ったということですね。

【阪根】

はい。父がまだサラリーマンだった頃にも、開発したものを「こんなものが出来たんだよ、これはまだ世の中にはないんだ」といった話は聞いていたので、そういうところから何となくものづくりへの意識が醸成されていったのだと思います。

【聞き手】

社長ご自身も理系に進学されて、将来ものづくりをやっていきたいという思いはあったのですか?

【阪根】

やはりものづくりもそうなのですが、研究開発をしたいという思いがありました。世の中に無いものを生み出すイノベーションに技術者として取り組みたいと思っていたので、理系の道に進みました。

【聞き手】

そして日本の大学に進まれて、アメリカで博士課程を取られたということなのですが、専門的に研究者として生きていこうと思っていたのですか?

【阪根】

日本の大学を出た時に、就職活動をするか大学院に進学するかを判断するタイミングだったのですが、やはり技術を極めたいと思い博士課程に進もうと決意しました。そして、やはりグローバルな感覚を身につけたいと思いアメリカの大学院に進みました。アメリカの大学院を卒業した後、教授になるのかビジネスの道に進んでサラリーマンになるのかという選択は全く決めていませんでした。最終的に卒業の1~2年前に教授の道ではなくビジネスの道に進もうと決めました。

【聞き手】

アメリカと日本のものづくりというのは、考え方や目指す方向性など、違ったものなのでしょうか。

【阪根】

僕が世の中に無い新しいものを作り出そうと強く思ったのは、父の影響ももちろんですが、アメリカにいる時の経験が大きく影響しています。アメリカの文化を見てもそうだと思うのですが、何か新しいものが生まれた時にそれを改良していこうという発想はあまりなく、むしろ全く別のものに取り掛かります。人のやっていることを一生懸命勉強していると「どうしたの?」と言われてしまうような文化ですね。そういった、新しいものを作り出そうとするアメリカの風土に影響されたのだと思いますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 阪根 信一
役職 代表取締役社長

応援メッセージ
この社長に直接提案