朝日印刷株式会社 ~半世紀で国内トップメーカーへ。朝日印刷の強さの秘密と新たな挑戦~

Vol.2 30代で社長就任、後押しした「想い」

朝日印刷株式会社 代表取締役社長 濱 尚 (2019年7月取材)

[もっとみる]

―30代で社長就任、後押しした「想い」―

【ナレーター】

その後、2002年に朝日印刷に入社。営業職から着実に実績を重ね、入社10年後の2012年に39歳にして代表取締役社長に就任。社長就任を告げられた当時の心境について、こう振り返る。

【濱】

私自身は「え?もうですか?少し早くないですか?」というのが正直な感想だったのですが、今の会長である義理の父も実は39歳で社長になっているという話も聞いていましたし、逆に若い時にそういうことをやらせていただけるということは、まだ年配の先輩たちがたくさん残っているということになります。

逆の見方をすると、その方々の力を借りられるという考え方もあるなと。だとしたらそのうちに色々な経験をできるというプラスの考え方で捉えて、「わかりました」と答えた記憶はありますね。

【ナレーター】

30代での社長就任。プラス思考で捉えていたと語る濱だったが、不安やプレッシャーも少なからずある中で、何が濱の背中を押したのか。

【濱】

働いている従業員の皆さんに、この朝日印刷に入社して良かったと、もっともっと思ってもらえる会社にしたいというのが一番大きかったですね。ざっくりとした言い方になりますが、そういう会社に変えていこうというのが最初に思い浮かんだと言いますか、もともと考えていたということがあります。

外部からの朝日印刷の評価と実際働いてもらっているスタッフの評価を比べると、客観的に見て、外部からの評価の方が少し高いような気がします。それだけ評価をしていただいているのであれば、働いているスタッフからもそのくらい評価してもらえるような会社にしようという想いですね。

やはり本当に現場でモノづくりを一生懸命やってもらっている方々に、きちんとその真意が伝わっているかどうか、お客様の想いが伝わっているかというと、まだ残念ながらそれはできていません。営業が褒められたわけではなくて、会社が褒められているわけです。それはできるだけ全員で同じような理解ができるようにしたいと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 濱 尚
役職 代表取締役社長
生年月日 1972/6/23
略歴 平成7年4月
日本電信電話㈱ 入社
平成14年4月
朝日印刷㈱ 入社
平成24年4月
朝日印刷㈱ 代表取締役社長 就任
座右の銘 失敗することを恐れるより、何もしないことを恐れろ
愛読書 東野圭吾さんの小説

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案