明るい未来を創造するソフトの開発を行なう株式会社システナってどんな会社? ~みなさんは株式会社システナをご存知ですか?株式会社システナ(以下、システナ)は、携帯電話やスマートフォン向けのアプリの開発やスマートデバイスによるネットビジネス関連の事業を行なっている会社です。その事業内容はとても幅広く、様々なニーズに対応できる技術力を持っています。そんなシステナについて調べてみました! ~

株式会社システナの概要と沿革

まず、システナの基本情報は以下の通りです。

【システナの概要】

社名株式会社システナ(Systena Corporation)
本社所在地東京都港区海岸1丁目2番20号 汐留ビルディング 14F
設立年月日1983年(昭和58年)3月
代表取締役会長逸見 愛親
代表取締役社長三浦 賢治
株式公開東証一部上場(証券コード:2317)
資本金15億1,375万円(平成29年1月1日現在)
事業内容ソリューションデザイン事業、フレームワークデザイン事業、ITサービス事業、ソリューション営業、クラウド事業、トータル・ソリューション・サービス
システナHP:会社概要より引用


システナは東京都港区に本社を置いているIT関連の様々な事業を行なっている企業です。その歴史はIT関連企業としては長い歴史を持っており、ITの進化と共に成長を遂げてきました。これまでに得た経験と培ってきたノウハウを元に現在では幅広い分野へのサポートを行なうサービスを提供しています。そして現在では日本のみならず海外にも拠点を構え、その技術を世界に届けています。

それではシステナの歴史を沿革で見ていきましょう。

【システナの沿革】

1983年3月ヘンミエンジニアリング株式会社を設立
1984年2月株式会社システムプロに商号変更
1988年2月日本初の対戦型オンラインゲーム「麻雀クラブ」の開発に成功
1990年5月パソコン、ワークステーションの業務用アプリケーションソフト受託を開始
1996年4月通信系ファームウェアの業務知識を活かし、移動体端末ソフト開発部隊を編成。PHS開発、PDC開発
1997年6月インターネット上でのオンラインゲームサイトを構築、サービスを開始
1997年11月本社を横浜市神奈川区新浦島町へ移転
2000年9月モバイルコンピューティングの需要拡大に伴い、ネットワーク・コミュニケーション・グループ内に携帯電話向けコンテンツ開発販売チームを編成
2001年2月品質管理および品質保証のための国際標準であるISO9001認証取得
2002年2月東京事業所を開設
2002年8月大阪証券取引所ナスダックジャパン市場に上場
2004年2月本社を横浜ランドマークタワーへ移転
2004年6月大阪市に関西支社を設置
2004年11月東京証券取引所市場第二部に上場
2004年12月関西支社を大阪支社に名称変更
2005年5月北洋情報システム株式会社(現 HISホールディングス株式会社)と業務提携
2005年6月北洋情報システム株式会社の子会社ProVisionの株式を取得し、連結子会社化
2005年8月シンビアン「プラチナ・パートナー・プログラム」に参加
2005年10月東京証券取引所市場第一部に指定
2006年2月QUALCOMM「BREW Developer Alliance Program」に参加
大阪支社を移転
2006年9月北洋情報システム株式会社の株式取得(持分法適用関連会社化)
2007年2月カテナ株式会社と資本・業務提携(持分法適用関連会社化)
2009年3月ユビキタスネット社会の実現を目指して「ユビキタスネット社会推進協議会」に参加
2009年4月カテナ株式会社と共同で「クラウドソリューション」サービスの提供を開始
Androidの組込み機器への活用・普及を目指す「OESF」に参加
2009年11月Symbian Foundationへ参加
2009年12月カテナ株式会社と合併契約書締結
2010年1月決算期を3月31日に変更
2010年4月カテナ株式会社を合併し商号をシスプロカテナ株式会社とする
2010年6月リトルソフト株式会社の株式取得(持分法適用関連会社化)
2010年7月商号を株式会社システナに変更
本社を東京都港区に変更
2010年11月スマートフォン向けアバターゲームポータルの企画・運営を事業内容とする子会社「株式会社GaYa」を設立
2011年2月連結子会社アドバンスト・アプリケーション株式会社の当社持分をJBエンタープライズソリューション株式会社に譲渡
2011年4月株式会社IDYの株式を取得(連結子会社化)
情報システム事業の一部を株式会社FBSに譲渡
2011年7月当社とiSoftStone Holdings Limitedとの合弁会社iSYS Information Technology Co.Ltd.を北京市に設立
2012年2月東広島市に広島営業所(現 広島開発センター)を設置
2013年3月札幌市に札幌開発センターを設置
2013年4月Systena (THAILAND) Co.,Ltd.をバンコク市に設立(連結子会社化)
福岡市に福岡開発センターを設置
2013年6月日本初の『TIZEN?』を搭載した10.1インチ タブレットの開発に成功
2013年10月名古屋市に名古屋営業所を設置
2013年11月Systena America Inc.をカリフォルニア州に設立(連結子会社化)
2014年9月Systena Vietnam Co.,Ltd.をハノイ市に設立(連結子会社化)
2014年12月リトルソフト株式会社の増資により同社を持分法適用関連会社から除外
2015年1月ソリューションデザイン本部の分室を国際浜松町ビルに開設
2016年4月子会社株式会社ストーンが、株式会社インターネットオブシングスに商号を変更
IoT、ロボット、Fintech、ソーシャルメディア関連の企画・開発・販売などのサービス提供を事業内容とする子会社「株式会社ストーン」、ペットに関するサイト企画・製作・運営を事業内容とする子会社「株式会社eペット」、有料職業紹介事業、労働者派遣事業、人材育成および能力開発のための研修ならびに業務アウトソーシング等を事業内容とする子会社「株式会社キャリアリンケージ」の3社を設立
2017年1月Systena America Inc.の資本金を600万米ドルに増資
システナHP:沿革より引用

株式会社システナの経営理念

次に、システナの経営理念をまとめていきます。システナの経営理念には日本の経済発展に貢献したいという姿勢が前面に感じ取れます。そして顧客に愛される企業になる為の努力を続ける事が一番の社会貢献へと繋がると日々新しい事に取り組み続けており、その為の時代に沿ったサービスを提供すること、ニーズに応える事に探究心の高さも伺える素晴らしい理念だと思います。

【経営理念】

心に残る仕事を通じて、お客様に愛され、社会に親しまれ、日本のあしたにエナジーを!

お客様や社会に必要とされる存在となり、日本経済発展に貢献します。
システナHP:経営理念・行動基準より引用

【行動基準】

おもてなしの 「心」を育て、ものづくりの「技」を磨き、やりきるための「体」をつくる。私がガンバレば、ハッピーになる人がきっといる。

大切な人をおもてなすための心を育て、質の高いもの作りのために技を磨き、お客様の要望に迅速に応えるために体(自分自身と組織体)を鍛え、自分以外の人をどれだけ幸せにできるかを行動の基準とします。

これが私たちの仕事観です。
システナHP:経営理念・行動基準より引用

株式会社システナの事業内容

最後にシステナの事業内容は以下の通りです。サービス毎に分かれており、そのどれもが質の高いサービスを提供している事でシステナは多くの支持を集めています。

【ソリューションデザイン事業】
長年にわたるモバイル端末の開発ノウハウを基にしたフロントエンドシステムと、ポータルサイトやバックエンドサーバーシステムまで、幅広い技術を武器にワンストップサービスを提供してきました。
今後もスマートフォン、タブレットを利用したサービス開発を通じて人と人とを結ぶ、ワイヤレスなサービスソリューションの実現に取り組んでいきます。

【フレームワークデザイン事業】
高い信頼性を求められる金融系システム開発において、四半世紀以上にわたり蓄積してきたノウハウ・経験と実績を武器に、金融以外の業種においてもソリューションをご提供するシステナのフレームワークデザイン事業は、お客様から高い評価と厚い信頼を得ています。
また、システム開発においてオフショア開発、ニアショア開発を積極的に活用することによる優れたコストパフォーマンスと、当社標準のマネジメント手法で管理された高品質のシステムをご提供します。

【ITサービス事業】
お客様のIT戦略を実現するために、ヘルプデスクやシステム運用などのアウトソーシングサービスを、システナのチーム力によりご提供しています。おもてなしの心を持った社員がお客様の課題解決を実現するため、サービスとソリューションをご提案します。

【ソリューション営業】
企業向け各種IT製品(PC、サーバー、ネットワーク、周辺機器、ソフトウェア等)の販売やシステムインテグレーションサービスを中核に、システナが持つすべてのリソース(モバイルソリューション、システム開発、システムの運用・保守、ヘルプデスク、ユーザーサポート、クラウドサービス)を融合し、ALLシステナの総合営業としてお客様に最適なITソリューションをご提供します。
営業、アシスタントだけでなく、プリセールス、エンジニア、営業支援など、すべての社員が、それぞれの立場でITを通じてお客様の事業を支援していくことで、お客様の事業運営の効率化や付加価値の創造に深く携わっていきます。

【クラウド事業】
パブリックSaaS型サービスである『Google Apps for Business』や『Microsoft Office 365』、システナ独自サービスである『cloudstep』の販売や導入支援を通じて、お客様の社内コミュニケーションのコンサルテーションを行うと共に、パブリッククラウドでは実現できないサービスをプライベートクラウドで構築します。

【トータル・ソリューション・サービス】
クラウド・ソリューション、スマホ・ビジネス、グローバル・ビジネスの3本柱をキーワードとして、各事業の強みを連結し、ITの企画から構築、検証、導入、教育、保守、サポートまで、トータル・ソリューションをご提供します。
システナHP:サービス/ソリューションより引用

IT事業の成長過程をシステナは共に歩んできました!

近年、急激な成長を遂げたインターネットや通信事業ですが、システナはその時々のニーズに合わせた製品の開発、販売に力を注いできました。現在ではスマホアプリやWebアプリの開発から、ネットビジネスの設計から開発、運用までの一貫したサービスなど幅広い事業展開により成功を遂げています。そしてシステナは今後も変わり続けるIT事業や、社会に対応する技術力も持っていると感じています。変化を続ける時代と共にシステナには更なる発展と成功に期待していきたいですね!