上場企業の「社長の右腕」が語る、キャリアアップのチャンスの掴み方 ~幼児活動研究会株式会社 取締役管理本部長 兼 総務部長 川田 伸~

全国の幼稚園・保育園で体育指導や課外クラブ事業を行う幼児活動研究会株式会社。長年培ったノウハウをもとに、園に対するコンサルタントや、『YY塾』という教育プログラムの実践、直営の保育所運営なども行っている。1984年に同社に入社した川田氏は、営業や体育指導員などの事業部を経て、現在では同社取締役管理本部長兼総務部長に就任している。川田氏が現在の地位に上り詰めるまでには、新入社員時代に感じたある“苦手意識”との戦いがあった。

子どもに関わる仕事を求めて

―御社へご入社した経緯をお聞かせください。

川田 伸:
大阪体育大学に進学し、体育の教員になることを夢みていたのですが、残念ながら教員試験には失敗してしまいました。それでも、子どもに関わる仕事をしたいという思いで就職活動をしていた際、幼児活動研究会に出合ったんです。また、私が入社する年に広島支部が設立されるとのことでしたので、広島県生まれの私にとっては、将来地元に戻ることができる可能性があるというのも、入社動機のひとつでした。

苦手な営業で成果を出したきっかけ

―ご入社後はどのようなお仕事をされていたのでしょうか?

川田 伸:
もともとは大阪支部での配属を希望していたのですが、新設された広島支部へ配属となりました。新しくできたばかりの支部ということもあり、子どもたちへの体育指導と並行して、幼稚園・保育園に対する営業活動も行っておりました。私が入った時点で、まだ契約している園は3、4園くらいしかありませんでしたから、いろいろな園を回り、1から開拓をしなくてはなりませんでした。ただ、私は営業がとても苦手だったんです。

まだ幼児活動研究会の知名度が低かったこともあり、門前払いをされることも少なくありませんでした。たとえ中に入れていただくことができたとしても、懸命にサービスをアピールしたところで契約にはなかなか繋がりませんでした。そんなことを繰り返しているうちに、営業をして断られることへのトラウマができてしまったんです。


―苦手意識を克服したきっかけはどのようなことだったのでしょうか?

川田 伸:
入社して1年経つ頃には指導に少し自信がついてきました。そのころから営業用の飾った会社の説明をするのではなく体育指導で子供たちに伝えていること挨拶をしっかりすること、靴を揃えること、明るく元気よくすること、何も飾らずいつもの体育の先生としての自分を見てもらうようにしました。そうするとデモ指導もさせてもらえるようになり契約をしていただけるようになりました。

子どもたちとのかけがえのない絆

―営業と並行されて指導員もされていたとのことですが、思い出に残るエピソードはありますか?

川田 伸:
指導員時代の楽しい思い出はたくさんあります。弊社の『コスモスポーツクラブ』は幼稚園・保育園から小学校6年生までの子どもたちが通っているのですが、長年通ってくれた6年生の子たちから感謝状をもらったことがあります。当時のスクール生たちの中には、大人になった今でも年賀状を送ってくれる子もいます。「コスモスポーツクラブが一番好きだ」「コスモの先生が一番好きだ』と言ってくれる子どもたちや、子供たちが頑張って鉄棒などできたときの「できた!」の声、私自身、そういった声を励みにしていました。

貪欲に知識を吸収して掴んだチャンス

―キャリアアップを実現したきっかけはありますか?

川田 伸:
弊社では「指導級」というものがあり、私は当時、最高値だった1級を取得しました。1級の指導員たちが集まり、今後の指導方法などを決める重要な場であった「1級会議」にも、広島から参加していました。私は指導に関しては誰にも負けないくらいがむしゃらに勉強をしたと思っています。研修があると聞けば、開催地が遠方だったとしても必ず参加しました。知識を吸収するチャンスは逃したくはなかったんです。自分ができることに対して最大限の力で臨むということを続けるうちに、会社の中で中心的なポジションに入ることができるようになりました。

また、部下に自分の考えやノウハウを伝え、育てていくということにも注力していました。厳しいことも言いますが、何とか成長させてあげたいという思いで接し続けました。部下が成長して、「この会社で働けてよかった」と思ってもらえることが、私自身の喜びにもなります。そういった、自分が得意とすることを見つけて掘り下げていく中で、キャリアを築くチャンスを掴んだのだと思います。

自ら率先して行動することが、周囲のやる気を引き出す

―お仕事をされる上で、大切にされていることは何でしょうか?

川田 伸:
どんな些細なことでも、社内で公言したことをしっかりと実行していく力、そしてそれを継続していく根気強さを持つことです。朝の掃除や、お客様がいらしたときにはきちんと挨拶するといった、一見地味に見えるようなことでも、ほかの社員に自分の背中を見せるつもりで取り組んでいます。

「聞こえの良いこと」を声に出す人は多いです。しかし重要なのは、それを「実行しているか」を、人は見ているのだということです。言葉だけではなく、率先して自らが動くことで、周囲のやる気を引き出すことができるのだと思います。

“周囲を見る目”を持つ

―優秀な方に共通するスキルやマインドは何だとお考えでしょうか?

川田 伸:
周りを見る力が長けている人は、少しの変化にも気付くことができます。それはビジネスおいても、子どもへの指導においても同じです。部下の小さな変化を見逃さなければ、早くにフォローができますし、クラブに対して消極的な気持ちを持つ子がいれば、その子に寄り添った指導をすることで、気持ちを上向きに持っていってあげることもできます。営業先の園に対しても、先方の感情の機微に敏感であれば、いち早く対応を取ることができるのです。リカバリーをするにしても、初動の早さが重要ですので、そうした変化をすぐに察知できる能力は必要だと思いますね。このことは入社時から行っている毎日の掃除の積み重ねから培われたと感じます。

心に沁みた、社長とのエピソード

―本社の管理本部に配属となられた後、社長と直接関わる機会も増えたかと思いますが、社長から受けた影響は何かございますでしょうか?

川田 伸:
本社への配属に合わせて単身赴任をすることとなったのですが、体調管理がうまく行かず、出社後に熱を出したことがありました。そんなとき、社長が何も言わずふらっと外出して、薬局で薬を買ってきて、私の机にぽんと置いてくださったんです。そのさり気ない優しさが、本当に心に沁みましたね。

また、北海道から沖縄まで全国を飛び回って、お客様にとって何がベストなのかを常に考え実行していく社長の姿を見ると、私も頑張らなくてはという気持ちになります。


―社長の期待に応えるために、心掛けていらっしゃることはありますか?

川田 伸:
スピード感を持って仕事に臨むということを大切にしています。本社では毎日のように社長と電話で連絡を取り合っています。社長からさまざまな指示が出されますが、それに対して、ほかの人よりも早く考え動くということを今までも心掛けてきました。

「お客さま対応日本一の会社」を目指して

―今後の目標についてお聞かせください。

川田 伸:
現在の仕事をしっかりと全うして、まずはこの本社を「お客さま対応日本一の本社」にしたいと考えています。本社は全国のお客さまからのお問い合わせ・要望・クレームなど多くの電話やメールをいただきます。私が本社に配属になった当初、お客さま対応については今より未熟な状態でした。社員の協力もあって、少しずつ改善されてきていますが、まだまだ向上の余地はあります。また当社は子供の障碍者指導も取り組んでいる会社ですので障碍者雇用などに関しても、他社の見本になれるくらい、整備していきたいと思っています。「お客さま対応日本一の本社」そして「お客さま対応日本一の会社」を目指したいと思います。

編集後記

川田氏が指導の知識を深め、社の中心人物として成長していった裏側には、子どもたちによりよい指導を行いたいという思いがあったからにほかならない。管理本部に異動した後も、従業員1人1人に思いを馳せながら環境を整えるべく奮闘する川田氏の姿は、子どもたちの未来を考え指導している姿と通じるところがあると感じた。

川田 伸(かわだ しん)/1984年、大阪体育大学を卒業。同年、幼児活動研究会株式会社に入社。広島支部にて子どもたちに体育指導を行う傍ら、同支部の顧客開拓に尽力。2004年、関西支社長、2005年、西日本事業部長を経て、2006年に事業部長に就任。その後、経営企画室長、取締役管理本部長兼経営企画室長を歴任し、2016年、取締役管理本部長兼総務部長に就任、現在に至る。

※本ページの情報は2017年10月時点のものです。

>>他の企業の「社長の右腕」記事を見る

この企業の経営者インタビュー動画

事業存続をかけた「10年目の決断」苦悩と再起の成長秘話

幼児活動研究会株式会社 代表取締役 山下 孝一