医薬分業が進み、薬剤師に求められる役割は、今や、調剤から患者の健康サポートまで、多岐にわたっている。2016年に創業した株式会社カケハシ(以下「KAKEHASHI」)は 、薬歴記入の簡易化や、患者への適切な指導をサポートするシステム『Musubi(ムスビ)』を開発。医療と患者をつなぐ“架け橋”として、今、注目を集めるベンチャー企業だ。

共同創業者であり、取締役COOの中川貴史氏は、東京大学法学部卒業後、マッキンゼー・アンド・カンパニーに就職。製造・ハイテク産業分野における様々なプロジェクトで成功を収めた。その後、シカゴオフィスでの勤務を経て、マッキンゼーを退職。代表取締役CEOの中尾氏と共にKAKEHASHIを立ち上げたのだった。

中川氏を起業へと駆り立てたものは何だったのか。同社のビジョンや求める人物像、そして、中川氏が考える「働く」ことの本質に迫る。

不景気による閉塞感を打ち破るために

―学生時代に既にいくつか事業を運営していたと伺っております。起業しようと思われた理由は何でしょうか?

中川 貴史:
私の世代は、バブル崩壊後から続く停滞感の中で育ちました。私が学生で起業をした当時も、ちょうどリーマン・ショックのすぐ後で、景気も良くはありませんでした。

一方で、年功序列や大企業に永久就職するのが良いとされる価値観が崩れ去ろうとしているタイミングでもあり、私自身、そういう閉塞感をベンチャー企業で打ち破っていかなければならないと感じていました。当時は教育系の事業や、音楽を聴くアプリケーションの開発など、色々なベンチャーを立ち上げていました。やってみると楽しくて、どんどんのめり込んでいきましたね。

従業員が輝ける職場をつくる重要性を感じたプロジェクト

―マッキンゼーで印象に残っているプロジェクトはありますか?

中川 貴史:
とある溶接工場の生産性を向上させるというプロジェクトが非常に印象に残っています。

コンサルタントというと、パリッとしたスーツでプレゼンテーションをしているようなイメージがあるかもしれませんが、私はどちらかというと、現場に深く入って、そこで働いている人の気持ちやモチベーション、どういう想いでそこにいるのかということを感じ取った上で、深い部分にある課題を解決し、それを仕組みづくりにつなげることを大切にしています。その現場でも、まずはやってみないとわからないことがあると思い、溶接体験もさせていただきました。

その企業は従業員が数万人単位の大企業でしたが 、そのくらいの大きさになると、現場の方が経営陣と会う機会はほとんどありません。そこで我々は、現場の人たちが頑張っている姿をトップの方に見ていただいたり、現場の人たちに改善アイデアを出してもらったりするという運動を始めました。まさに、今まで陰に隠れていた方々が輝くような場をつくったんですね。

すると、現場の方のモチベーションが非常に高まって、生産性が2倍に跳ね上がったんです。機械化や仕組み化も大切かもしれませんが、それ以上に、中にいる人たちがいかに自分の仕事に対して誇りを持てるかということ、そして、そこに対する会社の姿勢が重要なのではないかと感じたプロジェクトでした。


―そのお考えは今の御社にも通じるものがありますね。

中川 貴史:
そうですね。KAKEHASHIを創業したタイミングでも、実は最初に、400軒もの薬局を中尾と私の2人で回りました。

現場を深く見て、そこで働く人たちの考えや想い、日々どういう生活をしているかを知りたかったのです。「土日に何をしていますか?」とか「最近の悩みは何ですか?」ということまで聞いて、薬剤師の方たちがどういうことを考えているのだろうと、深く深く掘り下げていったんですね。そういった現場感があってこそ、薬剤師の方にとって良いサービスができるのかなと思っています。

チャレンジができる環境にある人間こそ“起業”すべき

―マッキンゼーを退職し、再び起業に至った経緯をお教えいただけますか?

中川 貴史:
そろそろ退職して、起業をしたいと思っているタイミングで中尾と出会いました。やはりもう一度、起業にチャレンジしたいという想いがありましたし、私のような者が起業をして社会を良くしていく義務があるんじゃないかと考えていたんです。

ある意味、失敗してもどこか拾ってもらえるだろうと思っていましたし、独身でもありましたし、お金も私にとってはそれほど重要な要素ではありませんでした。ネットワークも、事業に関する知見もありました。チャレンジできる環境がある人間こそ、立ち上がって、社会をより良くしていく義務があると思っていたんです。


―中尾社長と共にいこうと思われた決め手は何だったのでしょうか?

中川 貴史:
いくつか理由があるのですが、1つ目は、目指しているところが同じだったということです。

中尾も私も、目の前のお金や成功、栄誉といったことにはあまり興味がない。それよりも、自分たちを通して、いかに日本の課題を大きなスケールで解いていけるかということが全てだという考えでした。それともう1つは、純粋に人柄が良かったから。素直に「いいやつ」と言えるのがすごく大事かなと思います。


自律的に考え、行動する組織づくりに必要な要素

―今現在、経営陣の皆さまが大切にされていることは何ですか?

中川 貴史:
組織的な側面からいうと、やはり一人ひとりが自律的に考えて動ける裁量の大きい組織にしていくことをすごく大事にしています。

当社は、「フラットである」と言っているのですが、いわゆる部署の壁や部長や課長という職を一切設けていません。同時に、経営情報から細かいデータまで、あらゆる情報をオンライン上で共有しています。なぜかというと、通常の組織であれば情報はトップに集まりますが、そうなると、トップダウンで意思決定せざるを得ないからです。

そうではなくて、一人ひとりが自律的に考え、大きな裁量とやりがいを持って働ける組織であるために、あらゆる情報の透明性を確保しています。


―サービス面についてはいかがですか?

中川 貴史:
最も大切にしているのは、究極的には我々が何のために存在しているか。それは、日本の医療の課題を解き、より良くするためです。ですから、顧客からの要望をただ飲み込んで、売り上げを上げようという考えではありません。

最終的に、プロダクトが日本の医療に貢献できるかどうかを突き詰めて考えています。面白いケースですと、薬局の方から「こういう機能をつけてほしい」と言われて、ヒアリングを重ねた結果、「その仕事はあなたの仕事ではないから、この機能はつけません」と言う返答をすることすらある。その機能をつけることによって、薬剤師さんが本質的な業務ではない作業に時間をとられてしまう。そういうものを促進するプロダクトであってはならないのです。

採用のポイントは“モチベーションの源泉”

―採用の際に重要視しているポイントは何ですか?

中川 貴史:
一番重視しているのは、その人のモチベーションの源泉がどこにあるかということです。目の前のお金が欲しいとか、出世をしたいとか、自己実現的なモチベーションが強い方なのか、または社会貢献できることに喜びを感じる方なのか。

例えば「過去にあった一番嬉しかった経験は何ですか」と聞いて、そこを深掘りすることで、モチベーションの源泉を探ります。KAKEHASHIは、社会に貢献するというところに強いミッションを置いている組織でもありますし、自律的で自由度の高い組織なので、その人自身のモチベーションが個人主義的なものに寄りすぎている場合には、組織に合わないことが多いのです。


―御社で活躍できる人材はどんなバックグラウンドを持った方だと思われますか?

中川 貴史:
100名近い規模の組織になると、数字を集めてそれを構造化した上で、きちんとコントロールしながらかじ取りをしていくことが必要になってきます。そうすると、私のバックグラウンドに近いようなコンサルティングのバックグラウンドを持っていて、構造化能力が強く、しっかりとファクトをベースに進められる方々は、非常に活躍しやすい土台になってくるのではないかと思います。

事業のフェーズが進んでくると、より精緻に構造化しながらロジックを組み立てていくことができるような、情報の整理能力が強い人の方が活躍できるフェーズに入ってきます。当社も徐々にそういうフェーズになりつつあると感じますので、まさに今必要とされているところだと思います。

「KAKEHASHIの働き方が未来の働き方」だといわれるようにしていきたい

―御社では女性も多く活躍されていますが、仕事と家庭の両立について、どのようにお考えでしょうか?

中川 貴史:
仕事をすることの価値観は時代とともに変化してきているように思います。少し前の日本では、“企業のアイデンティティー=自分のアイデンティティー”であり、一生そこに奉仕するという考えの中で、家庭よりも仕事を大切にするパターンが多かったかもしれません。

しかし、本来、個人の価値観や仕事に求めるものは、自分の中で選び取っていくものだと思います。企業のアイデンティティーを自分に寄せるのではなく、自分のアイデンティティーがある中で働く。家でもカフェでも、好きな場所で、趣味や家庭、自分の大切にしているものと両立させながら仕事をしても良いわけですし、何なら1つの企業に縛られる必要もありません。「私は株式会社××の人ですよ」というよりも、「私はこういうもので、たまたまそこで働いている」という価値観へと、今は変わりつつあります。働くことへの価値観が変わっている中で、企業文化が変わらないまま、つまり、自由な働き方で家庭と仕事が両立できる環境でないと、本当の意味で女性が活躍する場はつくれないと思っています。

そういう意味で、当社は働き方の自由度の高さと裁量の大きさを担保することで、趣味でも家庭でも、自己研鑽でも、その人が大切にしているものと両立できる環境をつくっています。「KAKEHASHIの働き方が未来の働き方」だといわれるようにしていきたいですね。

『Musubi』のその先に見える世界観の実現に向けて

―今後の御社の目指す方向性についてお教えください。

中川 貴史:
薬剤師さんたちがより活躍できる場をつくるというミッションのもとに生まれた『Musubi』ですが、それは第一歩であり、その先に見える世界観をどう実現できるかがKAKEHASHIにとってのビジョンです。例えば、ある病院でレントゲンを撮って、診断をして、別の病院を紹介されたとします。すると、紹介先の病院でもまたレントゲンを取り直すことがありますよね。病院で症状を伝えて薬を処方してもらっても、また薬局で同じ質問をされる。これは、医療機関同士で患者さんの情報が適切に連携されていないが故に起きる現象です。アナログな情報連携のせいで、紙ベースの書類が量産されて、医療従事者の時間が浪費されている現状がある。そこを解決するのが、『Musubi』の先の世界です。

もう一つは、『Musubi』を通して得た医療情報をどう扱うか。蓄積されたデータを製薬会社に売ったら利益になると考える企業もあるかもしれない。しかし、我々はそういうことはしたくありません。このデータを大学や医療機関と連携し、それを色々な分析をして論文化し、医学的に新しい発見につなげていきたい。全国何百万人というリアルなデータからは、治験のときには気づかなかったような副作用の出方や、効果の違いなど、医学の進歩に貢献できる情報を得られるかもしれません。クラウドで医療情報を扱う企業の“はしり”として、大切な患者さんから預かったデータをどう扱うかという意味でも、ロールモデルになり、医療の進歩につなげていきたいと思っています。

>>他の企業の経営者インタビュー記事を見る

編集後記

目先の利益よりも、いかに社会に貢献できるか。中川氏の発言の全てがこの土台の上に成り立っていた。経営陣のベクトルが一切ぶれないことで、社員もまた同じ方向を向くことができる。自由度の高い社風にもかかわらず、全員が明確なビジョンを共有できることが、同社の強みであると感じた。

中川 貴史(なかがわ・たかし)/1987年8月28日生まれ。東京大学法学部卒。マッキンゼー・アンド・カンパニーにて製造・ハイテク産業分野の調達・製造・開発の最適化、企業買収・買収後統合マネジメントを専門として全社変革プロジェクトに携わる。インド・米国・イギリスでのプロジェクトに携わった後、2015年10月マッキンゼーシカゴオフィスより帰国し、2016年3月、株式会社カケハシを創業。同社取締役COOに就任する。

※本ページ内の情報は2018年10月時点のものです。

この企業の社長のインタビュー動画

調剤薬局×ITで変革を!若き経営者の人生を賭けた挑戦

株式会社カケハシ 代表取締役CEO 中尾 豊