株式会社ジーニー ~創業6年で国内No.1規模へ拡大。成長を続けるための経営マインド~

Vol.1 ビジネスの面白さを感じた幼少期のエピソード

株式会社ジーニー 代表取締役社長 工藤 智昭 (2019年7月取材)

[もっとみる]

【ナレーター】

ITの急速な浸透により、テクノロジーの力で事業経営や人々の生活、働き方を変革する「デジタルトランスフォーメーション」への取り組みが多くの企業で活発化している。

そんな中、高い技術力を活かし、デジタライゼーションによって企業の業務効率改善や、収益性向上・売上拡大に貢献するサービスを幅広く独自開発する企業がある。株式会社ジーニーだ。

同社が展開する広告運用プラットフォーム『GenieeSSP』は創業6年で国内トップクラスの規模のマーケットシェアを獲得し、2017年12月には東証マザーズへ上場。マーケティングテクノロジー領域へ事業ドメインを拡大しつつ、「日本発の世界的なテクノロジー企業を創る」という理念のもと、アジア地域からの海外展開も早くから進めている。

急成長の反動により立ちはだかった困難を乗り越えた経営者が語る、成長を続けるための経営マインドとは。

―ビジネスの面白さを感じた幼少期のエピソード―

【ナレーター】

幼少期、農業を営んでいた祖母の手伝いをよくしていたと語る工藤。この経験が、経営やビジネスの面白さを知るきっかけになったという。

【工藤】

七草農家の手伝いでは業務を効率化するための管理をしていました。出荷する工程を工夫したり、生産管理をしたり、1日20万パック出荷するなら元旦に何万パック出荷しなければいけないかなどと計算して、時間単位でチェックするなどしていました。

それらに触れながら、経営ってとても面白いなと思いました。年末年始でしたが、昼はみんなでご飯を食べるなど、とても楽しんで働いていて、ビジネスの楽しさを子ども心に感じました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 工藤 智昭
役職 代表取締役社長
生年月日 1981/9/9
略歴 早稲田大学大学院(理工学研究科)卒業。大学4年生で起業し、ネットベンチャー企業を経営。卒業後は株式会社リクルート(現:株式会社リクルートホールディングス)に入社。事業開発室にてインターネット広告事業推進を行い、国内最大のエリアアドネットワーク構築を手掛ける。2010年「日本発の世界的なテクノロジー企業をつくりたい」という思いのもと、株式会社ジーニーを設立、同社代表取締役社長に就任。
座右の銘 一日一日をど真剣に生きる
愛読書 キングダム

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案