株式会社みすずコーポレーション ~排水を電気に、廃油を燃料に。地方発食品会社の差別化戦略の全貌~

Vol.5 自社商品の特徴を生かした差別化戦略の裏側

株式会社みすずコーポレーション 代表取締役 塚田 裕一 (2018年5月取材)

[もっとみる]

―自社商品の特徴を生かした差別化戦略の裏側―

【ナレーター】

競合他社が多い業界で、みすずコーポレーションは自社の商品の特徴を生かした意外な方法で他社との差別化を図っているという。

【塚田】

豆腐も油あげもそうですけど、例えばおからが出てきたり、油あげを揚げると廃油が出てきたりします。おからというのは、通常は処分しなければなりません。しかし当社の場合は、おからを集めて、あるいは自分のところで乾燥して食品用のいわゆるスナックやパンに使ってもらっています。普通は捨ててしまうか、あるいはお金をつけて処分しなければならないおからに、商品としての付加価値をつけて売っているというのも、当社しかありません。当社なりの仕組みです。そして廃油は全部ボイラーの原料にできるのです。それにはある程度の規模が必要です。ほかにも出てきてしまう副産物、バイオマスで処理をして、電気をつくっています。12機の発電モーターを回して、結構大きな(規模)です。日本においてバイオマスで(発電を)している中では、かなり大きな規模だと思いますが、これも寄与するところがあります。そういう仕組みの中で強みがあります。この分野、大豆加工に関してはこれから何をやっていくかわかりません。今のところは油あげをやっていますし、高野豆腐をやっています。でも、例えば冷凍の豆腐をやるかもしれませんし、何をやるかわかりませんが、大豆加工のノウハウというのは十分持っていますので、ここの分野については希望があると思います。

【ナレーター】

食品会社の今後について必ず生き残るといい切った理由と、塚田が見据えるみすずコーポレーションの未来像に迫った。

【塚田】

衣食住にもありますように、生きていくには食べなくてはなりません。さらに健康に留意する人が多くなってくれば、付加価値も高めることができる。そして、学校で学んだことが、例えば農学部などにいっている人たちはすごく役に立つ可能性がありますよね。また、営業で入ってくる人たちも、どちらかというと通信というかIT等は皆がやるんでしょうから、その中では少し独特というか、特殊かもしれませんが、そういう意味ではチャンスはあるのかもしれないと思います。やる気さえあれば面白いんじゃないかなと思います。

高野豆腐というのは冷凍して乾燥して、乾物にします。豆腐をつくったあと乾物にするという大変難しい技術が必要なのです。そして、当社では、味付けあげを日持ちさせるレトルトとして30年も前から扱っています。この辺りが食品技術という意味では、ある程度のベースをもう持っているということですから、このあとどういうものが、何をやっていくかということは(わかりませんし)、私の段階では油あげ、大豆の領域から出ないかもしれないですけど、みすずコーポレーションはもしかしたら全然違う会社に変化できる可能性もあるのかもしれないという意味では、今後に期待していきたい。ベースは守りながら、そういう“小さくても強い会社”でいてほしいと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 塚田 裕一
役職 代表取締役
生年月日 1958/8/27
座右の銘 THE GREATEST RISK IS STANDING STILL(何もしないことが最大のリスクだ)
愛読書 浅田次郎の著作全て

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案