トラスコ中山株式会社 ~最後発の参入から2,000億企業へ。業界の雄が語る成長の秘訣~

Vol.6 企業の存在価値は「人や社会のお役に立つこと」

トラスコ中山株式会社 代表取締役社長 中山 哲也 (2019年4月取材)

[もっとみる]

―企業の存在価値は「人や社会のお役に立つこと」―

【ナレーター】

「人や社会のお役に立ててこそ、企業の存在価値がある」。日本、そして世界のモノづくりを支えるべく、トラスコ中山の挑戦は続く。

【中山】

社員教育の一番の基本ですが、自分たちの仕事がきちんとお客様の、世の中の、社会のお役に立てているかどうかというところがあってこその、社員教育だと思っています。

単純に研修を受けさせれば教育ができて、人が成長するというものではありません。

やはり日々の仕事の中でお客様からいただく一言、「いつも助かっているよ」、「いつもご苦労だな」という、こうした声が社員のやりがい、教育、全てにつながっていくものだと、私は思っています。

いくら私が社員の頭をなでたところで、お客様の「いつもご苦労だね、助かるよ」という、さりげない一言には敵わないと思っています。それは忘れてはいけません。

きちんと社会に貢献できる企業づくりについては、目が離せないところだと思いますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 中山 哲也
役職 代表取締役社長
生年月日 1958/12/24
略歴 1981年3月 中山機工株式会社(現トラスコ中山株式会社)入社
1984年10月 取締役
1987年12月 常務取締役
1991年12月 代表取締役 専務取締役
1994年12月 代表取締役社長(現任)

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案