株式会社LIFULL(旧株式会社ネクスト) ~総掲載物件数No.1の不動産・住宅情報の総合サイト『LIFULL HOME'S』を運営~

Vol.3 事業

株式会社LIFULL(旧株式会社ネクスト) 代表取締役社長 井上 高志 (2013年1月取材)

[もっとみる]

事業(ユーザーの選択の自由)

【井上】

創業のきっかけの時に、情報が行き渡っていないこと、ユーザーへ情報が行き渡ってないことによって、選択の自由を得られていない。この情報の非対称性を解消するには、すべての情報をデータベース化して、いつでもだれでも無料で見れる状態を作らないといけないと思ったんです。そしてそのデータへのアクセス権が誰にでも自由にあるとなると、自分の都合のいいように情報を、出したり隠したりしようとする不動産会社さんがたとえいたとしても、ユーザーはHOME'Sさえ見れば、それが嘘だったという事が後からわかるんですね。そして、自分で能動的にこれがいいと選ぶ、選択の自由の手に出来るわけです。

【井上】

そういう業界にしていこうという事で、創業の時から将来にわたっては、物件情報をなるべき100%のシェア率を高めていこう。実はスタートの時点でそう考えていたんです。なので、どうしたら物件が増えるかという事ばかり考えていて、物件を増やす為には不動産会社さんの加盟店、会員さんを増やしていく事、それを北海道から沖縄まで全国どこにでもある状態にする事。そしてその会社さんを通じて、なるべくそのエリアの情報が、リアルタイムに大量にでてくる仕組みにしようという事で、創業時の価格は1万5千円の月額料金で、物件情報は出し放題というふうにしたんですね。そのようにした結果、ピーク時で190万件くらいまで件数が増えていったんですけれども、正直1万5千円ですと、広告宣伝費や設備投資、営業マン等いろいろな投資がかかる、それをまかないきるには、1万5千円では難しいというふうに段々変わっていきましたので、その後、何回か価格改定をさせていただいたんです。1万5千円で載せられる物件は40件までですよ、40件超えたら、また追加料金を払って載せ下さいと、ある意味掲載課金型モデルになっていったんですね。1件載せるたびに段々コストが上がっていくという形になるので、不動産会社さんは100件200件の物件を持っていても、全部を載せなくなるんです。結果的に不動産屋さんも出したくても全部を出せない、ユーザーは沢山の情報の中から選びたいと思っても、そこに沢山の情報が集まらないという、それぞれの不都合が起きているので、料金を大幅に変えるという事をして、お問合せに応じた従量制の課金に変えたんですね。つまり、載せる時には全部載せてください、無料でどんどん載せてください。ただし、メールもしくは電話でお問合せが入ったら、その時は成果報酬として払ってくださいねという形に変えました。このモデルに変えた主なポータルサイトは、まだHOME'Sだけなんですね。その価格戦略というのは非常に僕らにとって、チャレンジングだったんですけれども、本当に丹念に丁寧に業界の皆さんにもご説明をして、ご理解を得ながらうまく成長していきました。日本の国内には空室で空いている賃貸と売買の家が、およそ500万件ほどありますから、将来的にはその500万件を網羅するようなデータベースを作っていきたい。そうすれば、HOME'Sさえ見れば日本国中すべての物件が見れる。そうすると、お行儀の悪い不動産会社さんがもしいても騙せなくなる。自分で選択の自由を決められるということになると思っていますので、価格戦略によって物件数ナンバーワンを勝ち取ってきたという歴史があります。

社長プロフィール

President's profile
氏名 井上 高志
役職 代表取締役社長
生年月日 1968/11/23
出身地 神奈川県 横浜市
座右の銘 利他主義

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案