株式会社ナ・デックス ~“接合”技術が強みの機械商社。溶接機器の製造部門も持つ~

Vol.2 価値観

株式会社ナ・デックス 元代表取締役社長 桑原 敏郎 

[もっとみる]

価値観(経営哲学、未常識)

【桑原】

社員が一生懸命頑張って稼いで、税金をたくさん払って、社員にはある程度、生活が良くなるように(利益を)還元できるようになる、これを(常に)いっているのだけれど、社員に還元できるということは、税金を余分に払うから社会にも還元できる。むしろ税金を余分に払って社員が喜ぶ。もう1つあって、簡単な哲学なのですが、社長就任時に従業員に言ったことはただ1つ、あなた方の子供を、ナ・デックスに入れたいと思える会社にしたい。このことが全て包含されると思う。そういうことを言ったことがあります。それは今でも変わりません。

【桑原】

最近ものすごく意識する言葉があるのです。あまり聞かないのですが、「未常識」という言葉があると。まだ常識になってないという意味ですね。当社は(従来やってきたことを)180度変えるということをやっているわけですよね。

例えば、世の中でよくいうのは、改革の第一歩は現状を否定することだ。 それはどういうことかといったら、ナ・デックスの常識でやってはいけないんですよね。当社では考えられないような、その時点では非常識なのかもしれないけれども、色々な結果が出てきたとしたら、それが常識になる時代が必ず来る、だから今の時点では未常識だというんですよね。

【桑原】

それでどんどん新しい試みをするのは、例えば書籍とかでやるのは良いけれども、当社の知らない世界を知っている方に、どんどん(当社に)入ってもらう。当社の従業員で最年長の方は、いくつだと思いますか。71歳ですよ。(彼が)69歳の時に他者から入ってもらったんですよ。あと68歳の従業員と62歳〜64歳までが6人くらいいます。色々な企業で経験された方です。新しい従業員では57歳と51歳の方ですね。

【桑原】

その人たちは何が違うかというと、もともとものすごく優秀な方が企業で経験を積んできているので、例えば「こういうような時はどうしますか」といったら、「うーん」なんて言わないのです。「私、昔こういう経験がありましたよ」「その時はこうやりました」とすぐ答えが返ってくるんですね。それならやってみようかということになりますね。私はある程度、当社のこれからの従業員像、社員像について、上から下まで色々とあるのだろうけど、やはり年齢でも性別でもない。肌の色でもなく、学歴でもない。あくまでも会社に対して、どれだけの能力を有効的に発揮してくれるか。そういう人が一番重要だとしたら、ある程度フットワークがあって、思考能力があってという人が多いのですが、そこで経験を積んだ人は強いですよね。だから、どんどんそういう人を入れています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 桑原 敏郎
役職 元代表取締役社長
生年月日 1947年7月7日

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案