未来工業株式会社 ~「残業ゼロ」「70歳まで全員正社員雇用」など、前代未聞の「日本一のホワイト企業」~

学生時代~未来工業入社の経緯

未来工業株式会社 代表取締役社長 山田 雅裕 (2015年4月取材)

[もっとみる]

プロローグ

【聞き手】

本日はですね。日本一ホワイトな会社、日本一社員が幸せな会社というふうに言われております。未来工業株式会社さんに伺っております。その会社を率いる代表取締役社長山田雅裕社長にお話を伺っていきたいと思います。それでは社長、宜しくお願い致します。

【山田】

よろしく願いします。

学生時代〜未来工業入社の経緯

【聞き手】

社長はこの岐阜の地でお生まれになられたんですよね。

【山田】

そうです。

【聞き手】

小さい頃はどんなお子さんだったんですか?

【山田】

元気でした。威勢がいい感じで。でも、ぜんそく持ちで、体が弱いみたいな、なんかなかなか気持ちと体が整わないようなそんな少年だった気がします。

【聞き手】

スポーツとかは?

【山田】

運動神経マイナスだったんですよ。

【聞き手】

でも野球やったりとか。

【山田】

へたくそでね。もう悲しい位駄目でしたね。

【聞き手】

だからと言ってはなんですが、そういった影響から音楽とかお芝居とか。

【山田】

父親が好きだったのが大きいですね。私が少年時代に家の土地の中に小さい家があって、その家と同じくらいの大きさの小屋があって、そのなかで昔に父親が劇団で使っていたカチワリが残っていて、小道具、大道具、それから色々な装置とかが残ってましてね、そういったものが遊び道具だったんで。子供の頃から芝居にはなじんでいたと思います。

【聞き手】

音楽とか演劇とかそういう世界に社長自身も憧れて、学生時代にお芝居をやってらっしゃったと。

【山田】

はい。演劇部でした。

【聞き手】

ちなみにどんなジャンルの?

【山田】

高校時代は普通の高校生がやるような学生演劇みたいなのをやっていて。大学時代は、東京の大学で経済学部だったんですけどね。

【聞き手】

で、お芝居されていてっていうのを想像すると、真面目に学校に行っているような姿があまり連想できないんですけど。

【山田】

ないです。全然学校に行ってないですね。

【聞き手】

もう学校にいるよりも芝居小屋というか。

【山田】

よく行きました。

【聞き手】

ご自身でも劇場で演劇をやってらっしゃったり?

【山田】

やってました。でも本当に俳優になりたいとかはあまりなくて、芝居というみんなで何かをやるっていう。それに関わっていたかったというのが本当のところですけど。

【聞き手】

基本的にやってらっしゃった時は演者さんとしていうのが大きかったですか?

【山田】

なんか僕の周りはスタッフをやってみたいっていうのが多かったんですよ。特に照明の人気が高くて、照明がやりたいという人間が多かったですね。

【聞き手】

なんか珍しい感じがしますね。

【山田】

だからやる人間がいないから、山田やってくれよとなりましてね。そしたらやりますよとか言って、俳優やってましたね。だから珍しいパターンだと思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 山田 雅裕
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案