コニシ株式会社 ~国内接着剤市場トップシェア「コニシ」さらなる飛躍と成長の一手~

Vol.1 工場勤務経験ゼロだからこそ見えた現場の課題

コニシ株式会社 代表取締役社長 横田 隆 (2018年11月取材)

[もっとみる]

【ナレーター】

接着剤から繊維製品に至るまで、一般用・工業用問わず、私たちの生活に欠かすことのできない化学製品。その進化は、留まることのない企業努力によって成し遂げられてきた。

そんな中、ボンド事業を中心に接着剤市場で国内を牽引する存在として不動の地位を築き、今なお事業範囲を拡大すべく挑戦を続ける企業がある。コニシ株式会社だ。

主力であるボンド事業は、黄色い容器に赤いキャップがトレードマークの家庭用から、プロが使用する建材用や内外装用まで、幅広いラインナップを展開。

さらには、同社の接着技術を応用した土木建設事業や、明治時代に薬種商として創業した歴史を受け継ぐ化成品事業を合わせた3本柱で強固な経営基盤を保持している。

さらなる高みを目指すコニシの、飛躍と成長に向けた新たな挑戦の全貌に迫る。

―工場勤務経験ゼロだからこそ見えた現場の課題―

【ナレーター】

大学院で繊維学を終了後、コニシへ入社。接着剤の研究開発に15年間従事し、人事、社長室業務、営業職を経て工場長に任命される。

その中で横田がまず着目したのは、工場勤務の従業員の待遇や働き方だった。その理由について次のように語る。

【横田】

課題は元から見えていました。この会社では出世する人は皆、営業出身だったのです。営業の方がどんどん本部長に就任するなど、どちらかというと営業の方が偉くなっていきました。

工場はどちらかといえば「きちんと働いているだろう」という認識でした。研究は「営業の言うことを聞き、新しいものをつくれ」と言われ、工場は「きちんと運営されているはずだ」という前提で会社が動いてきたのです。

「なんだか、工場が変だ」ということは、ずっと意識の中にありました。工場に行ってみれば、確かにその通りだったのです。一生懸命働いていたものの「まだまだ改良の余地がある」と思ったのです。

社長プロフィール

President's profile
氏名 横田 隆
役職 代表取締役社長
生年月日 1953/7/12
略歴 昭和54年4月 大阪工場 研究開発部入社
平成 6年 4月 大阪本社 大阪人事部リーダー
平成10年 4月 大阪本社 大阪人事部マネージャー
平成12年 6月 大阪本社 社長室経営管理部マネージャー
平成13年 4月 大阪本社 社長室広報部マネージャー
平成14年 6月 ボンド事業本部第一事業部大阪第一部事業部長付
平成15年 4月 ボンド事業本部第一事業部東京第一部マネージャー
平成16年 4月 ボンド事業本部営業本部第一事業部事業部長
平成17年10月 ボンド事業本部第一事業部事業部長 兼大阪研究所研究開発第一部マネージャー
平成18年 4月 ボンド事業本部栃木工場工場長
平成20年 4月 執行役員
事業推進本部 生産本部本部長
平成21年 6月 取締役執行役員
ボンド事業本部 生産本部本部長
平成23年 4月 常務取締役
ボンド事業本部本部長
平成25年 4月 代表取締役社長(現在)

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案