レーザーテック株式会社 ~わずか1年で黒字転換!グローバルニッチ戦略を取る同社の大逆転経営~

Vol.3 強みを生かした経営改革

レーザーテック株式会社 代表取締役社長 岡林 理 (2016年4月取材)

[もっとみる]

―強みを生かした経営改革―

【聞き手】

実際にトップに立たれて、マイナスの状況からプラスに転じさせるために、一番心がけていらっしゃったのはどういったことでしたか。

【岡林】

先ほど何社か経験したということをお話させていただきましたが、各社とも強み弱みがあるので、まずはレーザーテックの強みを生かした事業をやるべきではないかと、うちの強みが発揮できるビジネスにリソースを集中投下することを推進しました。

【聞き手】

ここでぜひアピールいただきたいのですが、レーザーテックの強みというのは何なのでしょうか。

【岡林】

お客様の要求に対して真摯に対応する、戦略としてはグローバルニッチトップ戦略を取っているのですが、世界中のお客様に対して、どちらかというと小さいマーケット、あるいは大きなマーケットでもいろいろお客様の声を伺うとそれぞれ異なる要求があるので、それを要求ごとに分けたマーケットセグメント、それらのセグメントにベストフィットした製品をお客様に提供します。

それもいち早くお客様のニーズをくみ取って、それに対応する製品をいち早く開発して納品して、また納品した後もさらにお客様からいろいろな要求が出てきますので、それに真摯に対応して、最終的にお客様の十分満足する製品に仕上げると。

これは小さい会社、小回りの利くスピーディーな会社じゃないとなかなかできません。また、我々の強みとしてはスピード開発です。まずプロジェクトをスタートするかどうかという決定が早くて、開発スピードも非常に速いのです。

ということで、そういう強みを生かすことが我々のビジネスで最も世の中に貢献できるのではないかと思いフォーカスする方針を取りました。そもそもの当社の企業理念なのですが、それを推し進めるような格好に変えた事が、やったことの一つです。

【聞き手】

お客さんにとって、レーザーテックにしかできないとか、これはレーザーテックだったらやってくれると思われるような存在になるということですか?

【岡林】

そうですね。ビジョンとしては世の中のお客様が困ったときには真っ先にレーザーテックに声をかけて見ようと考えていただけるような会社になるというのを据えています。今は1歩ずつですけど、それが出来つつあるかなと感じています。

【聞き手】

製品開発でこだわっている部分はどういうところですか?

【岡林】

まずはme-too product(模倣製品)のように世の中に存在している製品と全く同じ製品は作らないこと。お客様の要求があったとき、仮に製品があったとしても、我々は別の技術を使ってもっとお客様に価値を提供できるような装置を開発するということを決めております。

【聞き手】

そういった取組みが功を奏して、赤字で引き継がれた翌年は黒字転換しました。これはすごいことだと思うのですが。

【岡林】

ただその年も、我々は決算期が6月末なのですが、5月の時点ではまだ黒字転換できるかどうかわからないという状況でしたので、最後の最後まで苦しい年でした。

【聞き手】

どういう姿勢で経営に臨もう、社員方に対してメッセージを投げていこうと思われていらしたのですか?

【岡林】

毎年7月に方針説明会を行っているのですが、その時に最初に言った言葉が「Change before you have to」。元GE(ゼネラルエレクトリック)CEOのジャック・ウエルチさんの言葉です。しなければいけなくなる前に、自ら行動を起こしましょうということなのですが、どうしても主体性を持たないで受け身になっていると、行動自体も遅れてしまいますし、自分で考えるという意識がなくなってしまいます。主体性を持って、状況を見て、自ら判断して行動を起こすというカルチャーに変えていきましょうということを、一番最初のメッセージとして従業員には伝えました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 岡林 理
役職 代表取締役社長
生年月日 1958年5月16日

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案