株式会社アダストリア ~なぜ業界最前線に立てたのか。探求心がもたらした洋服屋の大変革!~

応援メッセージ
この社長に直接提案

父親から学んだ“商い魂”

株式会社アダストリア 代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO) 福田 三千男 (2016年7月取材)

[もっとみる]

―父親から学んだ“商い魂”―

【福田】

うちの父は根っからの商売人で高校時代からやっていました。昔、僕らの年代はスーツや学生服というのはここにネームを入れたのです。当時、洋服を買うと、いわゆるバックヤードみたいなので日曜日などに待っているわけです。「ネーム、入れてこい」というと、駆け足でネーム屋さんまで行きます。行くと、いくらもらったかは覚えていないのですが、そこでお小遣いを毎日精算してもらうわけです。そのときにお金をもらうのですが、それは貯金なのです。父に対して貯金をして、父はそれを1か月の複利で計算するわけです。お正月のお年玉も全部父に預かってもらいます。それをどこで使うかというと、夏休みにばさっと使うわけです。ためるということと、使うということと、それは結構面白いものだなと知りました。置いておいて、これだけ無駄に使わなければ、なるものだということを教えてくれました。

当時で言うと、紳士服の中では比較的大手でした。当時、100億を超しておりましたので。紳士服の販売ということで、今の三越名古屋店、昔はオリエンタル中村百貨店というのですが、そこへの販売で入りました。会社内も今の6畳間に8人で寝泊まりしていました。それしかなかったからです。だから、人のコミュニケーションのあり方は、そこでいろいろ勉強になりました。毎晩宴会をしか出なかったし、楽しい思いはしました。勤めているときは、そういう上下関係で、高校、大学という年代の幅が違います。勤めていて、そこでは非常に年代の幅と奥行きが違ったというのはあったかもしれないですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 福田 三千男
役職 代表取締役会長兼最高経営責任者(CEO)
生年月日 1946/7/10

応援メッセージ
この社長に直接提案