株式会社共和 ~輪ゴムだけじゃない!?常識を打ち破った商品開発の裏側~

Vol.2 チャンスを与えられたら絶対に掴め!

株式会社共和 代表取締役社長 杉原 正博 (2017年10月取材)

[もっとみる]

―チャンスを与えられたら絶対に掴め!―

【ナレーター】

入社後、海外部を経て東京へ転勤。その頭角を徐々に現すこととなる。

【杉原】

国内営業では、弊社の主力商品であるゴムバンドを販売する部隊にもおりましたし、それとテープ関係(の営業も行っていました)ね。ですから、農協などをメインに営業していました。なかなか売れませんでしたが、一部のディーラーさんの助けもあり、いきなり100ケースのテープの注文をもらったときは嬉しかったですね。そんな形で、一生懸命やりました。

色々な商品アイテムがありますが、お客様との契約で「年間これだけ買います」という契約システムが当時ありました。しかし、各営業担当は、なかなかそれを達成することができませんでした。ですが、私はなぜかお客様にも気に入られ、景気も良かったものですから、100点満点の成績をもらったことがありました。

【ナレーター】

その後、海外子会社への出向の話が杉原のもとに舞い込むが、バブルの崩壊とともに白紙となり、別の国内の営業部署に配属されることになる。そこで、直属の上司から言われたある言葉が印象に残っているという。

【杉原】

病院の消耗材を販売する部隊がありますが、そこの前身であった医療スポーツグループという部隊に引っ張られました。当時そこには次長と課長がおりましたけども、まもなく定年を迎え、そこのポストが空くということで「とにかく行け」と言われ、(昇格試験を)受けたわけです。入社した時の直属の上司からは最初、「君は少なくとも係長まではノンストップで行かなければ恥だと思え」と言われました。「とにかくチャンスを与えられたら、絶対それを掴め」というのが、その大先輩のお言葉です。係長から課長になる時はポストが空いていないとなれませんので、それは仕方がないことですが、「チャンスを与えられたら全部ゲットしろ」と言われていたので、とにかく昇格試験があれば、それに全力投球で勉強もしますし論文も一生懸命書きましたね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 杉原 正博
役職 代表取締役社長

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案