株式会社井口一世 ~30億円のコストがゼロに。常識を塗り替えた新技術誕生の要諦~

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案

視聴者へのメッセージ

株式会社井口一世 代表取締役社長 井口 一世 (2017年12月取材)

[もっとみる]

―視聴者へのメッセージ―

【井口】

今、私どもは経済産業省から、「地域中核企業創出・支援事業」というものの委託を受けています。それはどういうことかといいますと、私どもというか、私どもの井口一世というブランドを持って世界中から仕事を集めてきて、日本の製造業に仕事をばらまきなさいと。私どもが仕事をばらまいて、やっていただいたということの結果として、地域経済なり日本の経済が底上げされるようなそんなイメージを、国は持っています。そのために私どもが一役を買えたらいいなと思っています。それはどういうことかと言うと、日本の中小企業で非常に世界的な技術を持っている、尖がった技術という表現が正しいのかもしれませんが、そういう企業を集めてそれを組み合わせる。私どもで言えば、ソリューションを世界中の色々なユーザーに提供しようという、要はジャパンブランドを構築しようということを、今一生懸命やらせていただいております。それが先ほどお話した「地域中核企業創出・支援事業」であります。

私どもは製造業であります。今までの製造業と言いますと、汗を流して場合によったら手に切り傷をつくってモノをつくっていた、あまり明るくない職場をイメージされていると思いますが、これからのモノづくり、私どもそうですが、人間ができることというのはモノをつくることではないと思っています。モノをつくるのは機械やコンピューターがつくります。そのつくり方やプロセスを考えるのが、人間の本来のこれからの仕事だと思います。そういう意味では、モノづくりとか製造業というのは、これから一番未来がひらける業種だと思っています。その中でみんなの力を合わせて世界一を目指していけたらなと思っています。一緒に遊べるような楽しい会社をつくっていけたらと思っています。そういう意味では私どもの目標というのは、会社に来る時にサングラスをしていこうという目標をもっています。それはどういうことかと言うと、将来がまぶしいからであります。サングラスをかけて会社にみんなで行けるようにしたいと思っています。頑張りましょう。

社長プロフィール

President's profile
氏名 井口 一世
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案