part.4 経営で最も苦労したこと

社長対談 第4回のゲストは、様々なリゾート地の再生を成功させ、日本に新たなリゾートの概念を生み出した“観光業界のカリスマ”星野リゾートの星野 佳路氏と、ライフスタイルブランドの「ショップジャパン」を運営し、『ビリーズブートキャンプ』『ワンダーコア』などのヒット商品を次々と生み出す、株式会社オークローンマーケティングのハリー・A・ヒル氏。
多くの人を感動させる商品・サービスを追求し、大企業へと成長させたお二人が語る経営の極意に迫ります。

続きの動画はこちらからご覧いただけます。

経営で最も苦労したこと

【ヒル】
4代目ってなるとかなりこの23年間で苦労してきたと思うんですが、どういう風に変化させてきたんですか。

【星野】
その長いタームでのビジョンっていうのはあるんですけど、小さな会社だったものですから、目の前の問題を解決するのが大変だったですね。特に最初の10年っていうのは、遠い目標に向かってるっていう実感があまりなくて、目先のいろんな課題をですね、解決するっていうこれに奔走してたんですよね。特に私の場合は地方なんですよ、日本の。東京じゃないんですね。ですから、東京はいろんな良いすごく優秀な素晴らしい人材がたくさんいるんですけど、地方で長らく働いてくれる優秀な人材を探すって結構難しいんですね。それがまた、トヨタの工場とかTDKの工場とかいっぱいあるんですけど、私たちの様な無名の旅館で働いてくれるという人を探すのは大変だったんですね。リクルーティングが一番苦労したんです。

【ヒル】
入った時も。

【星野】
入った時もそうですし、日本の観光産業全体としても未だにリクルーティングっていうのは、ビックイシューなんですよ。これが地方で今後の観光産業においては一番のボトルネックになると私は思ってますね。星野リゾートも今はリクルーティングができる様な会社になりましたけれども、当時は大変だったですし、今後もすごく大事な分野だと思いますね、優秀な人材に地方に来てくれて、大学卒業した人を東京でリクルートしても、いきなり地方に連れていくわけですからね。やっぱりみんな東京に居たがるんですよ。

【ヒル】
私は2006年に会社を引き継いだのですが、全く同じでした。今はかなり知名度が上がったんですが、当時は新卒で雇おうとすると実際に申し込んでくる人は8人くらいで、全部オッケーオッケーって(採用した)。

【星野】
全く同じですよ、僕が初めて新卒リクルーティングしたのは1993年か1994年なんですけども、0人だったです。次の年は2人だったんですよ。2人はもうすぐに、面接に来た時に説得ですよね、名前も聞かないで説得してましたから。

【ヒル】
もう、営業ですね。

【星野】
営業営業。

【ヒル】
でもこのことだったら、私たちが多様性、柔軟性、やっぱり人が働きたい会社を作らないと次のステージに行かないと。当時、名古屋ですからショップジャパンという言葉はあるんですけど、オークローンマーケティングですね会社の名前は。オークローンマーケティング、なんかローン会社なんて言われて。名古屋だったらとにかく遠い転送、配信だとか、残念だけど本当に離職率が高い、なかなかレベルが高い人が来ない。そういう風に、我々が立派でどうしてもこの会社で働きたい、それを社会文化とかいろいろ考えて少しずつ良くなってきたんですね。でもやっぱりいい人がいないと始まらない。我々コールセンターがありますけど、お客様と話して悪いサービスすると二度と話してくれないんですよね。

【星野】
いやよくわかります、意外に似てるんですね、課題がね。

星野リゾート 代表 星野 佳路

30ヶ所以上でホテル、リゾート施設を運営。困難だと言われていたリゾート地の再生を次々と成功させる“観光業界のカリスマ”。
星野氏は慶應義塾大学卒業後、米国コーネル大学ホテル経営大学院へ入学。1989年に星野温泉(現星野リゾート)へ入社。約半年後にシティバンク銀行へ転職し、リゾートやホテル事業の債権回収業務などを担当。1991年に星野温泉(現星野リゾート)に再入社、代表取締役社長に就任。2001年に初めてリゾートの再生案件を受け、2004年に黒字化に成功。その後も困難だと言われていたリゾート地の再生を次々と成功させる。

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン) 代表取締役社長 ハリー・A・ヒル

ライフスタイルブランド「ショップジャパン」を運営。『ビリーズブートキャンプ』『ワンダーコア』等のヒット商品を次々と生み出す。
ヒル氏は、米国コーネル大学文学部を卒業後、来日。その後、米国へ帰国し証券会社へ就職するも、日本での成功を目指し再来日。1999年にオークローンマーケティングに入社。コールセンター統括を経て、2006年に代表取締役社長に就任。ヒット商品からロングセラーへ育てることで、安定したブランドを確立したことにより、社長就任後6年間で3倍の売上規模にまで成長させた。

▶︎ ハリー・A・ヒル社長の単独インタビュー動画はこちらから