part.7 経営者を目指す人へのメッセージ

社長対談 第4回のゲストは、様々なリゾート地の再生を成功させ、日本に新たなリゾートの概念を生み出した“観光業界のカリスマ”星野リゾートの星野 佳路氏と、ライフスタイルブランドの「ショップジャパン」を運営し、『ビリーズブートキャンプ』『ワンダーコア』などのヒット商品を次々と生み出す、株式会社オークローンマーケティングのハリー・A・ヒル氏。
多くの人を感動させる商品・サービスを追求し、大企業へと成長させたお二人が語る経営の極意に迫ります。

続きの動画はこちらからご覧いただけます。

経営者を目指す人へのメッセージ

【星野】
僕の場合ファミリービジネスだったんですね、4代目なので子供の頃からずっと事業を引き継ぐことを言われ続けてきたんですけどね、今日本の企業数の中の98%くらいですかね、数ですよ、これファミリービジネスなんですよ。

【ヒル】
凄いです、中小企業凄いです。

【星野】
中小企業のほとんどがファミリーオーナーなんですね。てことはファミリービジネスが、GDPの中でいうとね、ざっくりした計算だと大体半分がファミリービジネスですよね、数は多いですけど規模は小さいですからね。このファミリービジネスが変わると日本の経済は変わると思ってるんですね。ですからもっともっとね、アメリカがファミリービジネスっていうと評価が高いんです、社会的な評価がね、日本で家族経営のファミリービジネスっていうと、どっちかっていうと評価が低くて、大手の会社に行った方が良い仕事ってイメージがあるんですよ、そこを僕は変えて欲しいと思っているんですね。変えて欲しいっていうのは、ファミリービジネスを継いで、それを良くしていく大きくしていく、そこにいる社員をハッピーにしていくってことの方が、凄く価値のある仕事だと思っていて、それを日本の地方、特に地方にいる中小企業生まれの人たちに実家に戻って継ぐんだと言う風に思ってもらえる様にしていきたいと思いますけどね。

【ヒル】
私も自分の子供に時々言うんですよね、子供はちょうど新卒で働いていますが、彼が自分で会社を作ろうという気持ちでお父さんより大きな会社を作りたいと、私は彼をですね、絶対応援します。ただ、ファミリービジネスだとかそういうことになったら、彼によく言うのは、私が0からスタートしたのは0だったから。でもそれぞれの人がそれぞれ違うところからスタートなんですけども、単なる維持するだけだったら充実感は出てこないじゃないですか。0からスタートする必要はないけれども、どういう風に自分で更なる成長ができるかっていうのと、自由に夢持ってください。結構最近の若い人は無理に自分で天井をつくる、自分で天井をつくると絶対この上は見えない。0だったら怖いことはないですよ、良くないですけど、でも怖いことはないってことと、そのくらいの力をつけてください。多分星野さんの話聞いて私もそうですけど、やっぱり若い時から規律があったってことですね、勉強もあるし、仕事もあるし、自分のライフとか趣味、こういう様なことが特に若い時はいろんな経験を獲得する、25歳から始まらないと遅いだとか、これからの医学だったら120歳130歳まで、今の若い人たち、そうするとまぁ30歳までいろんなことして、あとやるとかね。そういう風にもうちょっと勇気を持って毎日過ごしたら良いなと思いますね。そうするとどんどんと地方も、自分だったらこういう風に地方を変えると、星野さんその通りにできた感じなんですけど。でそうしたら私たちがきて、文化とかそういうことになると、1人の外国から来た人たちがこういう新しいことが日本でできる様になると、20年30年前だったらなかなか誰も想定しないことですけども、でもそれは夢を持っているから、あとはコツコツやればできると。ギブアップしない、天井をつけないそれは是非言いたいなと思います。

【ヒル】
ありがとうございました。

【星野】
ありがとうございました。

星野リゾート 代表 星野 佳路

30ヶ所以上でホテル、リゾート施設を運営。困難だと言われていたリゾート地の再生を次々と成功させる“観光業界のカリスマ”。
星野氏は慶應義塾大学卒業後、米国コーネル大学ホテル経営大学院へ入学。1989年に星野温泉(現星野リゾート)へ入社。約半年後にシティバンク銀行へ転職し、リゾートやホテル事業の債権回収業務などを担当。1991年に星野温泉(現星野リゾート)に再入社、代表取締役社長に就任。2001年に初めてリゾートの再生案件を受け、2004年に黒字化に成功。その後も困難だと言われていたリゾート地の再生を次々と成功させる。

株式会社オークローンマーケティング(ショップジャパン) 代表取締役社長 ハリー・A・ヒル

ライフスタイルブランド「ショップジャパン」を運営。『ビリーズブートキャンプ』『ワンダーコア』等のヒット商品を次々と生み出す。
ヒル氏は、米国コーネル大学文学部を卒業後、来日。その後、米国へ帰国し証券会社へ就職するも、日本での成功を目指し再来日。1999年にオークローンマーケティングに入社。コールセンター統括を経て、2006年に代表取締役社長に就任。ヒット商品からロングセラーへ育てることで、安定したブランドを確立したことにより、社長就任後6年間で3倍の売上規模にまで成長させた。

▶︎ ハリー・A・ヒル社長の単独インタビュー動画はこちらから