株式会社アルトナー ~エンジニア派遣業を手がける、取引実績400社、業界実績50年の老舗企業~

応援メッセージ
この社長に直接提案

歴史

株式会社アルトナー 代表取締役社長 関口 相三 

[もっとみる]

歴史(アルトナーの歴史について、社名変更という転機)

【関口】

創業は昭和37年(1962年)の9月です。設立の経緯は、私の祖父が経営する関口興業社から分離独立して、機械設計を専門に行う会社、大阪技術センターという社名の下、大阪で発足しました。私が入社したのが昭和63年です。

それまで、順調に業績を伸ばしたというのが経緯でございます。以降、業界の新規参入が増え、昔からのビジネスモデルそのものが、少し古くなってきたということで、システム上の制度疲労を起こしていた時期でありました。

その当時から、経営企画という部門で、経営の色々な課題を含めて把握はしていたのですが、なかなか思い切った改革が実行できずに、経営企画室長、副社長という時代まで会社は進んでいきました。それで2001年に前社長から、社長交代の打診がありましたけれど、社長の交代に伴う条件、様々な条件が折り合わずに、当時はお断りをして、再度2002年に再打診があって、2002年の2月1日の(平成)14年度年初に、社長の交代を受けました。その翌年、前会長が安心したのでしょう。お亡くなりになって、以降今日にいたるまで、経営の方に携わっていますけれど。

【関口】

経営企画室長時代に、長期的な会社の再生企画というプランニングをしたのです。実際、中期経営企画が始まったのが、2000年からなのです。そのアドバルーンとして1998年に、旧社名大阪技術センターからアルトナーに社名を変えて、98年に会社を変えるための前幹部を巻き込んでの大会議を催して、そこで周知徹底をし、実際2000年からの再生計画に入っていたのです。アルトナーという社名の意味は、技術はテクノロジーと言うのですけれど、技術をもう少し大きな領域で捉えたときに、芸術・アートという表現ができるのです。広域に捉えると、アート事業が人材派遣、お客様のパートナーとしての、サービスを実行していくということでアートとパートナー、その造語としてアルトナーという社名に決定を致しました。

会社を変えるという流れの中で、社名変更というプランも入っていたということで、社名変更プロジェクトも立ち上げて専門家に入っていただいて、様々な試みをしたのですけれど、やはり最終的には大きく会社を変えるということで、すでにある同業の類似した名前、何とかテックとかが多いんですよね。そういった社名にはなりたくなかった、したくなかったということで、かなり独立した名前、特異な名前と言いますか、そういったものをチョイスしましたけど。

社長プロフィール

President's profile
氏名 関口 相三
役職 代表取締役社長
生年月日 1965/12/31
出身地 兵庫県

応援メッセージ
この社長に直接提案