株式会社SBI証券 ~ネット証券の先駆者にして、最大手の証券会社~

Vol.2 価値観

株式会社SBI証券 元取締役執行役員 井土 太良 

[もっとみる]

価値観(SBIホールディンググループとしての理念共有)

【井土】

基本的には「顧客中心主義」ということを理念にしている。これは、似たようなことを理念にしている会社は、非常に多くて多少表現は違うんですけれども、例えば、野村證券で言いますと「顧客とともに栄える」というのが社是になっており、言っていることは同じ話ですが大きく違う点は、インターネットの世界というのはごまかしが効かない。例えば、リアルな(世界の)話では、この店よりあの店のほうが安いとわかっていても、「この店」は近くにあるし「あの店」は遠いとなれば、高いけれど仕方なく「この店」で買うか、みたいなことが成り立つ世界だと思います。インターネットの世界にはそういうことが無い。一番安いところに皆集まってしまう。また一番サービスの高いところに集まる。結果的には、顧客中心主義でやっていないとお客様が来てくれないんですね。だからそういう意味で、リアルな世界とインターネットの世界と言うのは、基本的に大きな違いがあって、(よく)北尾が「Winner takes all」という言葉を使う。結局すべてのお客様が一番いいところに行ってしまうということ。「Winner=一番いいことをやっているところ」に、すべてのお客様が行ってしまうという事で、すべてのお客様が行ってしまうという事で、勝ち組がすべての顧客を取ってしまうということで、この言葉を使うんですけれども、そういう意味では顧客中心主義を実践していないと、会社が存在し得ないという部分が、当社の場合はありますから、この経営理念は、実践した結果がまさに今の業界におけるシェアにつながっているのではないかと思っています。

「最高レベルのサービスを最低レベルのコストで」というのは、顧客中心主義を実践する意味での、具体的な方策ということになります。とにかく他者がやっているサービスで、当社に無いものはないというくらいの状況に常にしなければならない。それはやはり日常の業務での一番中心的な考え方になりますね。

【井土】

当社の場合は、ご存知かと思いますが、SBIホールディングの長として北尾がおり、割と朝礼やそういう(全体会議など)ものも、グループとしてやる部分が多いんですよ。彼は、これまたご存知かも知れませんが、中国の古典に非常に博識でして、結構いろいろ面白い話を聞かせてもらいますので、SBIホールディンググループとして北尾を中心として、横の連絡もしっかり取りながら一緒にやっていく、という雰囲気が非常に強いグループです。そこはとても面白いところではないかと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 井土 太良
役職 元取締役執行役員
生年月日 1957年3月22日
出身地 三重県

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案