株式会社SBI証券 ~ネット証券の先駆者にして、最大手の証券会社~

Vol.4 キャリア

株式会社SBI証券 元取締役執行役員 井土 太良 

[もっとみる]

キャリア(理想の社員像、社風)

【井土】

自分の任されている仕事に関心と興味を持って、どんどんいろんなことに取り組もう、吸収しようとしている人には、我々から見ていても、頼もしいですし、、社会人経験として若い人たちよりは、我々の方が長いのですが、これだけの会社になってきますと、会社すべてのことに対して、私がわかるわけではありません。何かを聞いたときに、自信を持って答えてくれる(これは)我々から見て頼もしいですね。年齢に関係なく、若い人の中でも「これはどういうことだ」と聞くと「こうこうこうです」とはっきり言ってくれる。そういう人がいないと、我々の業務は回らないですから、仕事が上から降りてくるのを待っているのではなくて、例えば新聞を読んでいてどういうことかなと(思ったら)パッと自ら調べに行く。そういう気概を持った人が頼もしいですね。

よく言っているのですが、「なぜ?どうして?why?」この気持ちが社会人として大事だと、いろいろな新聞を読んでいても「そうなんだー」で終わったら、頭の中に残らないわけで「どういうことかな?」「なんだろう?」と思ってそれを調べる。「あー、こういうことだったんだ」とこれがやっぱりね。これの積み重ねが知識ですからね。「なぜ?どうして?why?」と思わない人は育たないですよね。こういう話をして「分かったか?」と言ったら「分かりました」「じゃあどういうことだ?」と言うと「さあ?」と言う。やっぱりそういう人がいるわけですよ。「どうしてこういうことになったのか」と思わないか。「うん、そうですね」とは言いますが、疑問を持つということは、物凄く大事なことですよね。疑問を持って、それをすぐ調べに行く。そういう人が年齢に関係無く頼もしいし、育っていますよね。

【井土】

IT企業と金融の合いの子みたいなことを言いましたが、やはり金融の部分というのはご存知の通り、色々な意味で製作がありますし、コンプライアンスについてもかなりチェックしなくてはいけない。そういう意味では、ITの自由な雰囲気と言うか、(自由な)発想を重んじるところと、金融のコンプライアンス(つまり)ルールを守ると(いう)両方を持ち合わせた会社と言えるのでないかと思います。だから社内の雰囲気もそういう厳しさと、色々な自由度を両方持ち合わせていないと、いけないという場合がありますので、そんな感じになっているのではないかなと思いますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 井土 太良
役職 元取締役執行役員
生年月日 1957年3月22日
出身地 三重県

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案