ケイティケイ株式会社 ~ トナーカートリッジのリユースを営む環境貢献企業。OA用品・文具の販売も~

Vol.2 価値観

ケイティケイ株式会社 元代表取締役社長 伊藤 主計 

[もっとみる]

価値観

【伊藤】

これは社員の質も含めて、人にしかできないことを人がやると言っている以上、レベルの高いことを求められているということです。そうするとそういうようなレベルの高い仕事を、どうやってやってもらえるようにするかということが、大事だと思います。会社にはいろいろな資産がありますけれども、最も大切な資産はやはり人だと思います。

人というのは必ずしもお金をかけただけではできないところがあって、その人たちの結局心がありますから、モチベーションを高くしないといけなかったり、あるいはやりがいのある仕事を与えていかないといけなかったりが、ありますね。

【伊藤】

会社には部長や課長といったラインがあるのですけれども、ラインだけで動くというのが、なかなか下の人にとってみると、上の人から言われてやるということになってしまうので、自分で考えたり自分で決断をしたりということが、なかなかできない人が多くなるケースがあります。

それぞれの人がその立場で自分なりに考えて、これはこうだと意見が言えるようにならないといけない、それをみなさんに考えさせるためにはどうしたらいいかなと考えました。私はプロジェクトを作るのが好きなのです。例えばラインとは別にプロジェクトを作る。

するとプロジェクトメンバーでいろいろ考えないといけないですよね、考える習慣、あるいは参画する喜び、そういうものを充分味わってもらえます。だからできるだけ若い社員も含めてどんどん入れて、プロジェクトに入ってきた人にはプロジェクト手当を出してあげているのです。

例えば東京支店が少し伸び悩んでいるとしたら、支店長のラインではなくて、プロジェクトリーダーは課長クラスにしてその下にもう一人、男性の課長をPLというプロジェクトリーダーに置いて、それでメンバーを作って、どうやって会社を成長させるかということで、全員で例えば内勤の女性もメンバーにいれてやらせているのです。

そうすると支店長がやれというのではなくて、自分たちで考えてやるわけですから、こういうやり方をやろうと出てきます。チームをあげて何かをやろうというモチベーションにつながってくると、それがチーム力も作るし、それぞれの人のレベルを高めます。それからディスカッションするのでコミュニケーションも十分に図れるようになると思います。

社長プロフィール

President's profile
氏名 伊藤 主計
役職 元代表取締役社長
生年月日 1939年3月9日

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案