デジタルアーツ株式会社 ~国内シェア第1位のWebフィルタリングソフトなどを提供する情報セキュリティー企業~

Vol.1 学生時代に起業を目指した意外な理由

デジタルアーツ株式会社 代表取締役社長 道具 登志夫 (2016年6月取材)

[もっとみる]

-学生時代に企業を目指した意外な理由-

【道具】

実家は商売をやっていまして、本来は僕が長男なので、親も子供の頃から僕が継ぐという前提の教育でした。勉強しろと言うよりもどちらかというと手伝えとか高校には行けぐらいでした。将来どうすると言うところもありましたので。親は、どうせ家業を継げばいいというところがありましたから。別に、何をしろとは言わずに、当たり前のように親は何も悩まないのです。僕からするとこのまま、稼業もそうですし、親の手の上で一生すごすのは嫌だと、高2の頃でしたか。いつも親の姿を見ているので。どこかで自分として何かをやりたいなという思いは強かったです。今みたいにインターネットがある時代じゃなかったので、それこそ本屋さんに行って、小さな会社のつくり方とか、あとは親が毎晩帳簿を付けていたので、簿記が分からないと、経営ができないんだろうなとか、そういうことがあったので、会社のつくり方とか、そんな本を高校のときから読んでいました。テレビのニュースで21世紀はコンピューターのエンジニアが200万人不足するというのをたまたまやっていたのです。それで将来はコンピューターの時代が来るのだなと。なんとなく面白そうだしという程度で、コンピューターの何かで簿記をやってみたいなことは高校のときに思っていました。それが理由でコンピューターと簿記の勉強ができる学校に行ってという学生時代でした。

社長プロフィール

President's profile
氏名 道具 登志夫
役職 代表取締役社長
生年月日 1968/2/17

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案