デジタルアーツ株式会社 ~逆境を乗り越え東証一部上場を果たした企業の信念の経営~

Vol.1 学生時代に起業を目指した意外な理由

デジタルアーツ株式会社 代表取締役社長 道具 登志夫 (2016年6月取材)

[もっとみる]

-学生時代に企業を目指した意外な理由-

【道具】

実家は商売をやっていまして、僕は長男なので、親も子供の頃から僕が継ぐという前提の教育でした。勉強しろと言うよりも、どちらかというと手伝えと言われることが多かったですね。

高校に入って将来どうするというところがあり、親は、どうせ家業を継げばいいという想いがありましたから、別に親は何も悩まないですよね。

僕からするとこのまま、家業もそうですし、親の手の上で一生過ごすのは嫌だと高校2年生の頃から思っていました。いつも親の姿を見ているのもあって、どこかで自分として何かをやりたいなという思いは強かったです。

今みたいにインターネットがある時代じゃなかったので、それこそ本屋さんに行って、小さな会社のつくり方とか、あとは親が毎晩帳簿を付けていたので、簿記が分からないと、経営ができないんだろうなとか、そういうことがあったので、簿記や会社のつくり方とか、そんな本を高校のときから読んでいました。

たまたまテレビのニュースで21世紀はコンピューターのエンジニアが200万人不足するというのをやっていたんです。それを見て、将来はコンピューターの時代が来るのだなと思いました。そして、なんとなく面白そうだしということで、コンピューターと簿記をやろうと高校生の時に思っていました。それが理由でコンピューターと簿記の勉強ができる学校に進学しました。

社長プロフィール

President's profile
氏名 道具 登志夫
役職 代表取締役社長
生年月日 1968/2/17

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案