竹下製菓株式会社 ~『ブラックモンブラン』を超えろ!5代目女性社長の挑戦~

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案

“風土”を変えることの意義

竹下製菓株式会社 代表取締役社長 竹下 真由 

[もっとみる]

―“風土”を変えることの意義―

【竹下】

適正というか、偏りはもともとあったと思います。例えば経理関係は女性中心、営業は男性、開発はほとんど女性とか。現場になると力仕事が必要な男性仕事と女性仕事にと分かれていました。でもできるだけその垣根をなくそうとしています。それはその方が会社としても、働いている方々にもメリットがあるのでないかと思っているから。

変えなくてはいけないところは“風土”です。うちはもともと女性が多かったこともあり、産育休を取得されて復帰される方は多かったです。ただ時短を使っている方はいらっしゃらなかった。使わないと復帰が難しいけど、周りに使っている人がいないと自分だけでは取りづらいですよね。そういう悩みに個別に相談に乗ったり、周りの人に理解してもらったりするためにはどういう風に動いていった方がいいのか(を考えている)。トップダウンで言わなくてはいけないこともあるけど、下手に上から「あの人はこういう状況だからそうしなさい」というと贔屓だという話にもなってしまう。場作りはとても難しいですが、やはり本人にそういう場を作ってもらうしかないと思います。ただ、例えば子ども関係だったら、その立場にない男性の上司にもわかってもらえるようにとか、この人にだったら協力したいと思ってもらえるように、理解を深めるための話をできる限りするようにしています。

また、それは女性だからではなく男女関係ないことだと思います。女性の場合では制度的に使いにくかったというのもありますが、有休なども取りづらくて取れませんじゃ話になりません。理由は人それぞれでも、それをちゃんと言って男性も女性も関係なく使える環境づくりにしておかないと(いけない)。女性だけが使える制度ばかりだったら女性贔屓じゃないかという話にもなるので、そこは気を付けて、みんながどんな理由でも、「そんなことってありますよね」という風にもっていきたいなと思っています。まだ道半ばなのでなかなか難しいのですが。

専業主婦は専業主婦ですばらしい仕事だと思うのです。それを自分がやりたくて選択されるのはとてもいいと思います。例えば仕事と家庭をハーフハーフにしたいです、時短でピシッと区切って残りは家をやりたいんですというのもいいと思います。ただ、自分が納得できていないのであれば、どうしたら納得がいくのかというのは、もう一歩突き詰めて考えてみてもいいのではないかと思う。自分が好きなことをやっているのであれば、やりたくてやっているのであれば、それがどんな仕事であっても、育児でも会社勤めでも、自分にとって輝く時間になると思います。それが本当は働きに出たかったのに今子どもに手を取られてできないとなってしまうと、一気に負のスパイラルに落ちてしまうような気がしています。だからもうちょっとどうにかしたいという人に、こういうやり方もあるんじゃないのと提案をできる場がもっとあったらいいのではないかと思います。増えてきているとは思います。合間に仕事しませんかとか、子連れで行っていいですよとか、いろいろありますが、まだまだ少ないですし、柔軟な働き方を提供できるように、企業としてもなりたいですね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 竹下 真由
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案