竹下製菓株式会社 ~『ブラックモンブラン』を超えろ!5代目女性社長の挑戦~

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案

『ブラックモンブラン』に抱いた危機感

竹下製菓株式会社 代表取締役社長 竹下 真由 

[もっとみる]

―『ブラックモンブラン』に抱いた危機感―

【竹下】

竹下製菓では、現場を見たり、仕組みを学んだり、フローチャートやロスをチェックしたりいう勉強や、製品の作り方を学ぶため試作を教えてもらうことが半分で、残りの半分はうちのフランチャイズのホテル事業のレストランで給仕をしていました。

竹下製菓は、今は『ブラックモンブラン』というアイスが一番主力で竹下の代名詞ともいえるのですが、二番手三番手の商品がそこまでいっていません。一つの製品に頼るというのは経営としても不安定ですし、冷菓だけでなく菓子事業でも新商品開発をしっかり行って、菓子冷菓での両輪を回すしそれぞれの部門の中でも何品かで部門の売り上げを支えていくのが理想だと思っていました。

そしてなんとなく、『ブラックモンブラン』があるからこの会社は大丈夫だろうと思われているような会社の雰囲気がありました。胡坐をかいているような、働いている方々が安心をしているような感じがあったのです。新しいことをやるというのは大変と言えば大変ですので、そこに対する少し後ろ向きな感じがあって、このままでは会社全体でも良くないのではないかと思いました。もっと楽しい、作っていてもわくわくできる、そしてお客さんにとっても竹下から次は何がでてくるんだろうと思ってもらえるような新商品を出していきたいと、新商品開発に取り組み始めました。

私が担当するようになってから気にかけていたのは、中がおいしいのは当然で最低限。それだけでなく手に取ってもらえる、バイヤーさんに店頭に置いてもらえる商品にしなくてはということ。それまでもうちが開発していた商品は結構おいしかったのですが、残らなかったのです。店舗にも置いてもらえないし、リピーターが付かないから店舗から消えていく。それをなんとか置いてもらいたい、お客さんも手に取って買いたいと思うためには、やはり見た目とネーミング。思わず手に取りたくなるという風な仕掛けを考えなくてはいけないと。大手さんみたいにプロモーションをバンバンうてるわけではないので、そうなると商品自身に発信してもらうとか、今はSNSがはやっている時代なのでそこで取り上げてもらえる可能性があるとしたらどういったものなのだろうということを考えていかなければならないと思いました。

何が正解かはわからなかったので、1品ごとにこれはこっちに振ってみよう、これはあっちに振ってみようという感じで、手探りで今正直やっています。

これで『朝食アイス』も生まれました。手に取ってもらうきっかけとして、明確にこれを朝食にどうぞとしてあげると、シーンをイメージしやすいですよね。そして購入につなげたいというのもありましたし、実はパッケージがブラックモンブランのロゴにちょっと似ているのです。オマージュ。『ブラックモンブラン』を知っている方からすると、これパクリ?と気になるのではないかと思うのです。気になって、ちょっと見てもらいたいと。

それだけじゃなく、何品も出していったのですが、過去のパッケージやネーミングは(どれも)違っています。なんだか最近竹下さん違うのをやっているよねとか、という声をまず業界内からいただくようになりました。

特に会長の商品開発に対する思い入れが強いのです。私もそうなのですが、やはりまだ自分の(会長の)父の背中を超えられていない、『ブラックモンブラン』を超える商品を作れていないという思いがあるようで、バトンタッチしたからには好きな商品を考えるという方向に行っているようです。

『ブラックモンブラン』だけでこの先というのは、会社として安定していないというのは当然あるのですが、これはもう単なる自分の趣味というか、血潮がたぎるというか、やはり祖父が残した偉大なものだからこそ、自分もやりたい、超えたい、並びたいというのはありますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 竹下 真由
役職 代表取締役社長

この社長のもとで働きたい

この機能は、「社長名鑑」の姉妹サイト「転機」との合同企画にて行っております。
下記のボタンより「転機」にご移動の上、詳細をご確認頂き、情報をご送信ください。

応援メッセージ
この社長に直接提案