株式会社銀座ルノアール ~銀座ルノアールが喫茶店としての「おもてなし」を大切にしている理由~

Vol.5 銀座ルノアールならではの「おもてなし」とは

株式会社銀座ルノアール 代表取締役社長 小宮山 誠 (2018年4月取材)

[もっとみる]

【ナレーター】
2018年5月時点で、『喫茶室ルノアール』をはじめ、東京エリアを中心に6業態120店舗を展開する銀座ルノアール。

今後の展望とおもてなしの心を体現する上で小宮山が譲れないこととは。

【小宮山】
ルノアールとつく業態に関しては、全国まだ求めている方がいっぱいいらっしゃるかなと、私は信じております。

実際色々な地域に行って、ニーズがあるというふうな確認もしておりますので、そういう意味では全国展開をしていきたいなというふうに考えております。今、日本のおもてなしの心というものが世界にどんどん発信されていますよね。

ですが、喫茶店という形での発信はまだまだこれからだと思っていますし、それは私たちがやっていきたいなと思っています。

喫茶店のおもてなしの心、相手に対する思いやりだとか、やさしさだとか、そういった人を介した心のふれあい、そういった心の豊かさというもので、つまらない世の中の争いごとなどが少しでもなくなるような貢献ができたらいいなという、私の夢があります。

『喫茶室ルノアール』においては、熱々のおしぼりが出てきたり、「ごゆっくりしてください」という思いの1つの証として、コーヒーを飲み終えたくらいに温かいお茶を提供させてもらったりしてはいますが、それをマニュアル的に非常に機械的にやってしまうと、お客様も人間ですから、場合によっては「帰ってくれ」とか、そういうふうに捉えられてしまうようなことにもなります。

ですので、ゆっくりくつろいで心安らいでいただいて、リフレッシュしていただくとか、ご商談やお友達との会話を通して、何か少しでも心が豊かになれるような喫茶店という場を、私たちはしっかり提供し続けたいと思います。

これは譲れないと言いますか、時代がどんなに変わったとしても、やはりもともともっている『喫茶店ルノアール』、銀座ルノアールの良さというのは変えてはいけないものだと思っています。

ただその中で変えなければいけない、要するに進化や変化をしていかなければいけないものも当然のことながらありますので、時代のニーズをしっかり読み取りながら、さらに進化していければなというふうに考えております。

社長プロフィール

President's profile
氏名 小宮山 誠
役職 代表取締役社長
生年月日 1974年7月2日
座右の銘 至誠通天
愛読書 考え方(著者名:稲盛和夫)
尊敬する人物 武田信玄

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案