株式会社カオナビ ~収入ゼロの窮地と苦悩を乗り越えて。『カオナビ』誕生の軌跡~

Vol.2 起業のきっかけとなったアイスタイルでの気づき

株式会社カオナビ  代表取締役社長 CEO 柳橋 仁機  (2018年7月取材)

[もっとみる]

―起業のきっかけとなったアイスタイルでの気づき―

【ナレーター】

自分がやりたいことを貫くという信念のもと、大手外資系企業に就職。ITとビジネスの基礎を身につけた後に、大学の先輩で、かつ、新卒で就職した企業の先輩でもあった、株式会社アイスタイルの創業者、吉松氏に誘われ、アイスタイルへ転職。技術者から事業責任者、人事責任者として成長中のアイスタイルで仕事をする中で、人材マネジメントの難しさを肌で感じたことが起業に結び付いたと柳橋は語る。

【柳橋】

人材マネジメントという、要するに上司と部下がいて、組織の中でやりくりして仕事をしていくということ全般のこといったときに、なかなかうまくいかないものだというのは、非常に感じていました。みんな思いは共通しているのに、ああでもないこうでもないということが発生して、組織になるとなかなかまとまらないものだなというような(思いを持っていました)。中間のマネージャーが結構苦しんでいる姿も見て、組織をうまく回すというのは、すごいまた別の発想が必要だとか、色々な難しさがあるんだという、アイスタイルがその壁にぶち当たっていたからこそ、人材マネジメントというテーマに気づいたのです。

やはり一生そこで働くという感覚は持てないと思いましたし、それに、組織にあまり帰属意識をもたないタイプなので、吉松さんとは今でも仲は良いですが、吉松さんにずっとついていくかというと、そんな感覚も持てないと思っていました。もともとアイスタイルがゼロから立ち上がっていく姿を見ていたので、なんというか、生意気だったので「俺でもできそうだ」と思ってしまったというのがあります。別に商機なんて何も考えたことはありませんでしたが、とにかく吉松さんができるなら俺にもできると思った。それに尽きますね。あとから大いなる勘違いだったということは嫌というほどわかりましたけど。それでも当時は素直に、「俺でもできそうだからやってみよう」という感じでしたね。怖いとかリスクとかは全く考えていませんでした。

社長プロフィール

President's profile
氏名 柳橋 仁機
役職 代表取締役社長 CEO
生年月日 1975/7/6

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案