株式会社総医研ホールディングス ~大阪大学発ベンチャー。医薬品、化粧品等の分野で評価試験・臨床試験の受託等を展開~

Vol.1 歴史

株式会社総医研ホールディングス 元代表取締役・CEO 梶本 佳孝 

[もっとみる]

歴史(研究者から企業家へ)

【梶本】

創業者は私の弟の梶本修身です。彼が阪大(大阪大学)の精神科の大学院の時代に創ったのが当社なんです。

当初、私も阪大にいて第一内科だったのですが、私自身も大学で一通りの研究をして、臨床系の教室というのは長くいると、マネージメントの仕事が中心になってくるんですね。当時カルピスのアミールSとかそういうものが、実際に世の中に出て、コンビニとかで売られて、それは非常にはたから見ていても、うらやましいなと、自分たちがやった仕事、臨床研究ですけれども、そういうものが実際に社会に役立っていると、これは僕自身が実際味わえてなかったことなので、そういう意味では非常にうらやましいなと考えるようになったという。そういう時期がありましたね。

ちょうど弟の会社も成長してきて、いよいよ事業拡張して本格的にやろうかというところに、1つは弟も実際大学にいましたのでそれを中心に、やっていくというのはなかなか難しい状況で、そういう中で初めは2人で社長を探していました。でもなかなか適当な人が見つからなくて、そのうち私自信が、それじゃあ私がやろうかと、ぽっと思いつきまして、本当に一晩、二晩で決めたのですけれど、そういう形で阪大からこちらに移ってきましたというところなんです。

【梶本】

現在は総医研ホールディングスという持ち株会社の下に、総医研グループの子会社ですね。機能性化粧品を開発する。ビービーラボラトリーズという会社です。

これは当社の100%子会社です。プラセンタという成分の入った化粧品を得意としている会社です。プラセンタの売上では日本ではいちばん大きな会社です。当社やはり臨床試験を得意とする会社ですので、そういうところで実際にエビデンスがあるものをですね、効果のあるものに対してエビデンスを付けていく。臨床的な証拠を付けていく、そういうような事業をして、いわゆる機能性化粧品というもので、この会社を特に医療機関における、やはりマーケティングを含めて、育てていきたいというふうに思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 梶本 佳孝
役職 元代表取締役・CEO
生年月日 1960/2/27
出身校 大阪大学

応援メッセージ
この社長に直接提案