株式会社アイスタイル ~1,000万人が使う『@cosme』を基盤に化粧品・美容のマーケティングを支援~

Vol.4 キャリア

株式会社アイスタイル 代表取締役社長 吉松 徹郎 (2013年6月取材)

[もっとみる]

キャリア

【吉松】

10年後、日本だけでビジネスしてるかというと、絶対そんなことないと思うんですよ。もうたぶん、私たちより若い世代のほうが、無意識に日本とか、いろいろな国を飛び越えてると思いますし、それは海外に興味がある人とか、ない人という言葉すらなくなって、普通に日本以外のところでも、仕事を無意識にできる人たちが、増えてくるんだろうなと思っています。それは積極的に採用しにいくということではなくて、そうなっていくだろうな。会いスタイルもそういう人たちが増えてくるんだろうなと思っています。そういった意味では最初に特に、もしかしたら数年間は意識的にとっていくのかもしれないですけど。若い人のほうがそこは無意識に飛び越えてきますよ。

【吉松】

それでどういう人たちが多いかというと、やっぱり自分たちでこういうことをしていきたい。こう言うふうにやっていきたいという、個々が目的意識が高い人がたくさんいたらいいなと思っています。化粧品の好きな人たちがいれば、@cosmeの将来の絵を描いてもいいですし。システムの人もいれば、自分たちがそういうウェブサイトを作っていきたいとか。インターネットのビジネスを実装していくスキルをつけていきたいとか。もしかしたら人事の採用の人も営業もそうかもしれないし、自分の中でイメージしている自分のスキルをつける場所として、うまくアイスタイルというものをイメージできるようになるには、もっともっと広がっていくかと思っています。

【吉松】

会社としては、このビジネスをしているから、こういう人たちが必要ですといって、なんとなくその枠が小さくなってしまうことが、一番苦しいかなと思います。この会社でやることやったので、次のステージに行きますというのは、たぶん会社の箱が小さいので、そういう言葉が出てくると思うんですけど、会社がそれを超えるぐらい強引にでも大きくなっていこうという意思を持っていれば、その人たちも九州できていけるだろうし、そういう広がりがあるような会社になっていけばいいかなと思っています。なのでスタートは15年前に@cosmeからスタートした会社ですが、今@cosmeをやっている会社かというと、それは会社の一部でしかなくて。私たちは株式会社@cosmeではなく、株式会社アイスタイル。それはより生活者、インターネットによってみんなの生活が変わる。その生活が変わるところを支援していく。変革をリードしていく会社としてスタートした会社です。

【吉松】

15年前には口コミサイトってたぶん世の中にはなくて、非常に新しい物だったと思うのですが、今は逆に当たり前になってきて、それを活用する人たちもものすごくうまくできてきて。それがビジネスとして僕たちも回り始めて、会社が成長してきましたが、同時に今認識していない変革がたくさん集まっていて。それに対して私は積極的に次の変革をリードしていくようなトライをしなきゃいけない。これは化粧品だけではなく、僕たちが@cosmeをやることによって培った、ないしは蓄積された美容業界の経験や、そこに興味の高いメンバーさんや、化粧品を使うユーアーさんたちの接点というのはもちろん、一つの大きな武器にしながら、より広い世界に広がっていけたらいいなと思っています。

【吉松】

もちろんそれは日本だけではなくて、世界に対してもそうかもしれません。グループ会社としてのispotという新しいサロンというのも始まりましたし、これから新しいトライもどんどんスタートしていきます。そういった広がりがどんどん広がってきて、結果的にはうまく私たちのサービスがやっていること、例えば@cosmeがやっていたことが次のビジネスの展開のスピードを早めるきっかけになればいいですし、何かそれが私たちのビジネスを作っていくきっかけやチャンスになっていけば、いいなと思っています。

社長プロフィール

President's profile
氏名 吉松 徹郎
役職 代表取締役社長
生年月日 1972/8/13
出身地 茨城県
座右の銘 「折れない心」

あなたにおすすめのコンテンツ

この社長に応援メッセージを送る
この社長に直接提案