株式会社ジャパネットたかた ~ ”天才創業者”超える”集合天才”の力 新生ジャパネットの挑戦~

Vol.1 継承について

株式会社ジャパネットたかた 代表取締役社長 髙田 旭人 (2014年12月取材)

[もっとみる]

【聞き手】

今や時の人と言うべきでしょうか。2015年1月に就任されます、株式会社ジャパネットたかたの髙田旭人社長にお話をお聞きします。新生ジャパネットたかたの社長のお人柄にフォーカスを当てて、お話を伺いたいと思います。

―継承について―

【聞き手】

社長に就任される経緯について報道もされましたが、ご自身はどう思われましたか?

【髙田】

どこかのタイミングで会社を継ぐというのは自覚していましたし、父からも「お前しかいない」と言われていました。ですから今は思ったより早かったなと感じています。

【聞き手】

お姉さんと妹さんという3人きょうだいの長男ということですが、小さい頃から家業を継ぐことになるだろうという意識はありましたか?

【髙田】

小中学生時代は、家業は当時カメラ屋だったことから、その頃から継ぐだろうなと何となく思いながら生きてきました。

【聞き手】

言葉を選ばずに言いますと、長崎の小さな佐世保のカメラ店から全国的にすごく注目される企業に成長しましたが、家族の一員としてどう見ていましたか?

【髙田】

変わらなかったですよ。きょうだいは皆、中学から親元を離れて寮に入っていたので、会社が成長する過程を間近で見てきたわけではないのですが、小学校の頃に一生懸命働く両親の様子を見ていたので、それを続けてきた結果として大きな企業になっているのだなと感じました。大きくなる過程は、常に近くで見てきたわけではないですね。

【聞き手】

学校のお友達から「お父さんテレビに出ているね」と言われましたか?

【髙田】

僕がわざわざ伝えていなかったので、意外と知らないまま友達だった人が多いですね。

【聞き手】

意外です。皆さんご存じでご子息として見られていたのかと思いました。

【髙田】

どこかでバレましたけどね。長崎から来ていて、名字が髙田で、何となく似ているというふうに言われたことはあります。言われても嫌ではありませんでしたけどね。

【聞き手】

大学卒業後は、すぐに会社に戻られたというわけではなく、野村證券へお勤めされたのですね。

【髙田】

2年ほどお世話になりましたね。

【聞き手】

あえて外に一度出てみたのは、何か理由があるのですか?

【髙田】

あまり親に相談したり、話したりということはなくて、言われてもいませんでした。シンプルに親の会社に戻るつもりだったので、メーカーさんやテレビ局さんに行くと親のコネと言われるのがイヤだったからですね。本当にそれだけの理由です。商社か証券ならあまりそう思われないかなと。野村證券という会社が過酷なところで、営業は特に大変な仕事だと聞いていましたが、そこで成長させていただいたので結果的には良かったです。

【聞き手】

証券マン時代は法人向けの営業をされていましたか?

【髙田】

個人向けです。チャイムを鳴らして、個人のお宅に訪問させていただいていました。

【聞き手】

リテールですか?

【髙田】

はい。そうなのです。

【聞き手】

2年間の営業マン生活はいかがでしたか?

【髙田】

営業をすることで野村證券がトップであるゆえんをとても肌で感じましたし、自分の言葉でお金を預かるという一番大事なことをしないといけないので真摯でいないといけないし、勉強もしなければならなかったので、そういう意味では現在の仕事に通じるものを感じました。

【聞き手】

そういったところで学ばれたことで、会社に戻られて活きていることはありますか?

【髙田】

なぜ野村証券があれほど大規模になりトップであり続けられるのかという理由については、会社の中にいることで感じました。今でも自分が社長になって色々な制度を考えるときには、そこから良い点を取り入れたいと思いながらすることができるので、とても参考になりました。

【聞き手】

当時、入社される前に持っていたジャパネットたかたという会社に対するイメージはありましたか?

【髙田】

会社というより家庭的な空気です。社員の人は家族みたいなものだというイメージが強く、それが当たり前の環境でした。幼少の頃から知っている方も多いので、入社当時は「帰ってきたな」という感じでした。

【聞き手】

特に、外側から見ていた時と中から見るギャップは感じませんでしたか?

【髙田】

入社してみて、社長に頼る部分がとても多いのに驚きました。皆で社長についていくというのが一体感でもあり、強さでもあったのですが、不思議な感覚だったことを覚えていますね。

社長プロフィール

President's profile
氏名 髙田 旭人
役職 代表取締役社長

応援メッセージ
この社長に直接提案